boardからGmail宛に書類をメール送信すると、スパム表示されてしまいます

boardからメール送信した際に発生する問題として、宛先がGmailの場合に固有の現象がいくつか確認されています。下記に該当するものがないかご確認ください。

 

FromとTo・Ccが同一の場合の警告表示

boardから書類をメール送信する際、送信元(From)として「no-reply@the-board.jp」または「ご自身のメールアドレス」を選択できます。この送信元(From)を「ご自身のメールアドレス」に設定し、宛先もそれと同じメールアドレスにして送信すると、Gmail上では下記のような警告が表示されます。

 

この表示は、送信元(From)と同一のメールアドレスに送信した場合のみ表示され、異なる宛先に送信した場合は表示されないことを確認しています。そのため、この警告表示については、他の受信者には表示されていないものと考えられます。

 

過去にスパム報告をしたことがある

Gmailでは、ユーザーが受信したメールをスパム報告できる機能がありますが、過去にご自身または同一Google Workspaces内の別ユーザーが、boardからのメールをスパム報告した場合、その報告をもとにその後のboardからのメールがスパム判定されている可能性があります。

この場合、Gmail上で対象のメールが迷惑メールではない旨を報告することで、次回以降は改善される可能性があります。

 

件名や本文の影響

件名や本文の内容によってスパム判定される可能性があります。

そのロジックは開示されていないため、具体的な文言を示すことはできませんが、これまでに頂いたお問い合わせの傾向から、件名やメール本文にスパム報告の頻度が高いキーワードを含む場合には、スパムとして判定される可能性が高くなります。また、スパム報告が増加した特定の期間に限り、一時的にスパムとして判定されるケースもあると考えられます。

なお、このようなケースは、Gmailアカウントから別のGmailアカウントへメールを送信する場合でも発生するため、boardから送信したメールに固有の事象ではありません。

 

一般的な迷惑メール対策について

一般的な迷惑メール対策については、FAQをご覧ください。

ただし、Gmail宛のメールについては、上記のFAQにある対応をしなくても届くことを確認しています。そのため、Gmail宛のメールがスパム判定される場合は、前述のケースをご確認ください。



‹‹ インボイス制度(適格請求書)には対応予定ですか?
一覧に戻る