マスターアカウントとは何ですか?

マスターアカウントとは

マスターアカウントとは、管理者権限の中でも最上位権限を持つ重要なユーザーです。お支払いに関連する操作や、退会(解約)手続きは、マスターアカウントのみ行えます。マスターアカウントのみ行える操作の具体的な内容は、「自社情報設定〜自社情報の管理」の「マスターアカウント」セクションを参照してください。

boardアカウントに複数のユーザーを登録している場合、その中の管理者を1名だけマスターアカウントに設定できます。なお、アカウント登録直後やPersonalプランをご利用の場合など、ユーザーが1名のみのときは、そのユーザーがマスターアカウントとなります。

マスターアカウントのユーザーは、上メニュー「組織設定→ユーザー管理」内のユーザーに「*マスターアカウント」と記載されています。

マスターアカウントに設定すべき人

先述のとおり、マスターアカウントは重要な役割のユーザーですので、会社の代表の方や部門長など責任ある立場の方に設定することをお勧めします。

なお、無料お試し(トライアル)の際にアカウントを登録すると、最初のユーザーが自動的にマスターアカウントとなります。担当者の方が無料お試し登録をした後、正式に有料プラン契約となった場合には、必要に応じてマスターアカウントを上長の方に引き継ぐなどご検討ください。

マスターアカウントの方が退職される場合

マスターアカウントの方が退職などで担当を外れる場合は、必ず事前にマスターアカウントの変更を行ってください。

マスターアカウントの変更手順は、「マスターアカウントを変更したいのですがどうすればいいですか?」をご覧ください。

マスターアカウントは、セキュリティーの観点から、原則としてマスターアカウント以外の方による変更は行えず、マスターアカウント自身によって変更していただく仕組みになっています。もし、何らかの事情でマスターアカウントご本人が対応できない場合には、「マスターアカウントの人が退職したので変更したいです」の「マスターアカウントご本人が対応できない場合」セクションをご確認の上、サポートまでお問い合わせください。



‹‹ 書類の明細行に関するよくあるご質問 書類上の宛先・送付先の変更機能を使って、案件... ››
一覧に戻る