boardヘルプセンター

データを編集できないようにするロック機能

ロック機能を使うと、データを編集・削除できないようにするロックすることができます。
既に完了した案件や発行済の書類をロックしておくと、誤って変更してしまうリスクを回避することができます。


ロックすることができるデータ

データによって、ロックしたいタイミングは異なることが多いため、以下のように細かい単位でロックできるようになっています。

<案件管理>
・案件情報
・見積書
・発注書
・納品書
・請求書
・領収書
・合計請求書

<発注管理>
・発注情報
・発注書


案件情報と発注情報は、案件名・顧客などの案件編集・発注編集画面で変更可能なものを指し、案件・発注全体ではありません。


ロックに関する権限

ロックに関連する権限は、「ロック権限」「ロック時ステータス変更権限」があります。
これらの権限は、「設定→ユーザ管理」から変更することができます。

<ロック権限>
ロック及びロックの解除を行うことができます。

<ロック時ステータス変更権限>
ロックされているデータのステータス(請求ステータス・支払ステータスなど)を変更することができます。


例えば、請求書を発行したタイミングでロックする運用とした場合、入金確認して「入金済」ステータスに変更する業務を行うユーザのみ「ロック時ステータス変更権限」を付与することで、ロックされている案件をわざわざ解除しなくても、ステータス変更のみ行うことができます。


ロック・ロック解除

ロック・ロック解除は、以下の画面から行うことができます。

画面 ロック対象
案件一覧 「案件情報のみ」「案件情報と案件内の全書類」を選択可能
案件編集画面 案件情報
請求一覧 請求書
合計請求書一覧 合計請求書
各書類画面 表示中の書類
発注編集画面 発注情報
発注一覧 「発注情報のみ」「発注情報と発注内の全書類」を選択可能
支払一覧 支払情報


ロック・ロック解除は、各画面で以下のようなボタンがありますので、そこから変更することができます。

<一覧画面>

一覧画面では、下図のようにボタンがありますので、他の操作同様、対象を選択して、複数同時にロック・ロック解除ができます。



<編集画面>

案件編集・発注編集画面では、下図のようにボタンがあり、ここからロック・ロック解除ができます。


*ロックされていない状態



*ロックされている状態


<書類画面>

書類画面では、下図のようにボタンがあり、ここからロック・ロック解除ができます。

*ロックされていない状態



*ロックされている状態


一覧からロックデータを含め一括で操作された場合

案件一覧・発注一覧等から、ステータス変更・削除を一括で行うことができます。

この際、ロックされているものが含まれている場合は、自動的にスキップされて、ステータス変更・削除はされないようになっています。


自動契約更新とロック

自動契約更新をONにした案件・発注をロックした場合でも、自動更新は通常通り実行されます。

ロックは、画面操作による変更ができなくなる機能とお考えください。



‹‹ メールアドレス(TO・CC)のデフォルト設定 見積書・請求書等の書類で英語・外貨を使用する ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です