外部ストレージ連携(Dropbox)

外部ストレージ連携機能を使うと、書類PDFをBox・Dropbox・Google ドライブに連携したり、ファイル保管機能の保存先を各ストレージサービスにすることができます。

当ヘルプでは、Dropbox連携固有の仕様について解説します。共通仕様については、ヘルプ「外部ストレージ連携(各サービス共通)」で解説していますので、先にそちらをご覧の上、当ヘルプをお読みください。

 

*外部ストレージ連携機能は現在ベータ版です。フィードバック等を踏まえて短期的に仕様が変わる可能性がありますのでご了承ください。

 

Dropbox側のプランについて

Dropbox連携機能では、Dropboxの「チームスペース」機能が必要になります。

参考:チーム スペースを利用する方法 - Dropbox ヘルプ

チームスペースは、個人向けプランでは利用できず、チーム向け・企業向けのプランである必要があります。詳細はDropboxのヘルプをご確認ください。

 

チームスペースを利用できるプランでも「チームスペースが無効なDropboxアカウント」と表示され連携できない場合

Dropboxのチームスペースは比較的最近にリリースされた新しい機能で、既存のDropboxアカウントでは、まだ利用できないケースがあるようです。その場合は、Dropboxのサポートへお問い合わせください。

 

Dropbox連携を有効にする

Dropbox連携機能は、上メニューの「設定→外部サービス連携」で有効にします。

設定メニューのスクリーンショット

 

「外部サービス連携」画面で、「Dropbox連携機能を有効にする」ボタンをクリックします。

外部サービス連携画面のDropbox連携部分のスクリーンショット

 

「Dropbox連携機能を有効にする」ボタンをクリックするとDropboxの画面へ移動します。なお、Dropboxにログインしていない場合はログイン画面が表示されますので、ログイン後にこの操作を行ってください。

当連携機能に関しては、DropboxのAPIを利用するにあたって審査が実施される予定ですが、その実施要件として一定数以上のboardアカウントからの接続実績が必要なため、その要件を満たすまでは審査が行われません。現時点では審査未完了につき、下図のようなアラート表示が出ますが、「続行」ボタンを押して次へ進んでください。

Dropboxの注意メッセージ画面のスクリーンショット

 

そうしますと、下図のように連携可否の確認が表示されるので、「許可」を選択してください。

Dropboxの連携許可画面のスクリーンショット

 

【重要】この連携許可を行うDropbox側のユーザーに関する注意事項がありますので、ヘルプ「外部ストレージ連携(各サービス共通)」の「連携許可を行う外部ストレージサービス側のユーザーについて」をご確認ください。

 

連携設定について

連携設定の基本的な説明については、初めにヘルプ「外部ストレージ連携(各サービス共通)」の「連携設定について」をご確認ください。

以下、Dropbox固有の事項に関する解説をします。

連携先最上位フォルダー

ブラウザーでDropboxにアクセスし、連携対象のフォルダーにアクセスしてください。

フォルダーのURLは「https://www.dropbox.com/home/test1/test2/」という形式になっていますので、「/home」は含めず「/test1/test2」の部分を入力してください。

※ Dropboxのアカウントによっては「home」ではなく「work」など別のフォルダー名の可能性があります。その場合は、同様のルールで最上位のフォルダー名を含めないパスを入力してください。

 

【重要】Dropboxにおいて、フォルダーは「個人フォルダー」と「チームフォルダー」という2つの概念があります。この内、連携できるのは「チームフォルダー」のみで「個人フォルダー」には連携できません。

参考:チーム スペースを利用する方法 - Dropbox ヘルプ

 

Dropboxホームフォルダー名

Dropboxのアカウントによっては、「dropbox.com/」のあとに続くフォルダー名が「home」ではなく「work」など別のフォルダー名の可能性があります。この場合は、当設定に「dropbox.com/」直後のフォルダー名を入力してください。

たとえばURLが「https://www.dropbox.com/work/test1/test2/」の場合は「work」を入力してください。

 

エラー内容と対応方法

エラー時の対応方法と各サービス共通のエラーメッセージについては、ヘルプ「外部ストレージ連携(各サービス共通)」の「エラーおよびエラー時の再送方法」をご確認ください。

エラー時に履歴画面上に表示されるエラーメッセージの多くは、Dropbox側から返ってきたエラーをそのまま表示しています。そのため、以下を参考に、対応方法をご確認ください。

エラーログ 対応方法
200: Dropboxへのファイル送信に失敗しました。時間をおいて再度お試しください。

しばらく時間をおいてリトライをお試しください。それでもエラーになる場合はサポート窓口にお問い合わせください。

400: invalid_grant: refresh token is invalid or revoked

一度連携を解除し、再度連携し直してください。

401: Bearer realm="Dropbox-API"

連携許可が無効、またはDropbox側で連携済みアプリからboardを削除したケースで発生します。一度連携を解除し、再度連携し直してください。



‹‹ 外部ストレージ連携(Box) 外部ストレージ連携(Google ドライブ) ››
一覧に戻る