ユーザを削除すると、そのユーザが担当になっている案件はどうなりますか?

ユーザを削除した場合、案件はそのまま残りますが、案件情報の「担当者」が空欄になり、書類上にも表示されなくなります。

また、案件情報では「担当者」は必須項目のため、次回案件更新時に他のユーザを担当者に設定して頂く必要があります。

そのため、担当者を表示した状態で書類出力をしたり、担当者指定で案件を検索したい場合などは、一旦ユーザを「無効」にして頂き、その後、完全に不要になってからユーザを削除してください。

 

なお、ユーザを「無効」にすると、そのユーザはログインできなくなります。

ユーザを無効にするには、上メニューの「組織設定→ユーザ管理」で対象ユーザの編集画面に行き、「有効」という項目をOFFにしてください。



ユーザ編集画面で捺印権限の設定を変更できません ››
一覧に戻る