freeeへデータが連携されません。

freeeへデータが連携されない場合、まずは上メニューの「設定→外部サービス連携」画面の「連携履歴」をご確認ください。

 

連携履歴の検索条件の「案件No」などを指定し、対象データを検索して以下のケースをご確認ください。

 

ステータスが「エラー」の場合

freeeから返ってきたエラーメッセージが、連携履歴の「エラーログ」に表示されています。エラーの説明と対応方法については、freee連携のヘルプの「エラーおよびエラー時の再送方法」をご確認ください。

上記ヘルプに記載されていないエラーが出ている場合は、サポートまでお問い合わせください。

エラーログに表示がない場合は、一度別の請求・支払ステータスに変更後、再度「請求済」「請求書受領済」に変更して再送をお試しください。もし、それでも同様の状況になる場合は、サポートまでお問い合わせください。

 

ステータスが「送信中」の場合

「送信中」の隣に「リトライ」リンクが表示されていると思いますので、これを実行してください。

リトライしても送信されない場合は、上メニューの「設定→外部サービス連携」で一度連携を解除し、再連携してから、あらためてリトライしてみてください。

それでも解消しない場合は、サポートまでお問い合わせください。

 

ステータスが「送信済」の場合

一度はデータが正常に送信完了した状態です。

freeeへのデータの送信が正常に完了すると、取引IDというfreeeの内部的なデータのIDが返ってくるため、boardではこれをもって「送信済」にしています。この場合、一度は確実に登録が完了していることから、もしfreee側に対象の取引がない場合は、誤って取引を削除してしまったか、もし事業所が複数ある場合は、別の事業所に連携してしまっている可能性があります。

 

履歴がない場合

まず、データが送信される仕組みについて、ヘルプの「連携するタイミング」をご確認ください。

その上で、すでに請求・支払ステータスが「請求済」「請求書受領済」であるにもかかわらず履歴がないという場合、対象のデータが「請求済」「請求書受領済」になった時点では、まだfreee連携が有効でなかった可能性があります。

freee連携は、ステータスが「請求済」「請求書受領済」に変更された時にデータが送信される仕組みのため、freee連携を有効にした時点ですでに「請求済」「請求書受領済」になっていたものは送信はされません。
そのため、これに該当する可能性がある請求・支払に対しては、まずfreee連携が有効になっていることを確認した上で、一度請求・支払ステータスを「未請求」「請求書未受領」に戻してから、再度「請求済」「請求書受領済」に変更して再送をお試しください。



‹‹ 会計データの金額と請求書の金額が異なっています。
一覧に戻る