boardヘルプセンター

【5分でできる】今すぐ請求書を作成したい人向けの3ステップかんたんガイド

「とにかくすぐに請求書を作成したい」という方向けに、請求書の作成のみに絞ったガイドです。

このガイドに沿って登録していけば、わずか5分、かんたん3ステップでハイクオリティなデザインの請求書を作成することができます。

一度作成すると、請求書発行済の管理ができたり、自動的に売上の集計ができるなど、エクセルで個別に作るよりも数段便利になります。

とにかく、すぐに請求書を作成したい方は、ぜひ試してみてください。

 

*board全体の把握には、「ファーストガイド」をご覧ください。

 

ステップ1:案件登録

boardでは、見積書や請求書などの各種書類を「案件」ごとに管理する仕組みになっています。

そのため、まずは案件を登録します。

 

案件は、左メニューの「案件管理→案件登録」から登録することができます。

 

 

案件登録では、顧客名・案件名・支払条件など案件の基本的な情報を入力していきます。

項目名に「*」表示があるものが必須項目で、書類の作成や管理で必要な情報のため、必ず入力して頂く必要があります。

 

最初は「顧客」のデータが入っていませんので、顧客欄の「+」ボタン(下図)から登録してください。

 

最低限入力が必要な項目について説明致します。詳細はヘルプをご覧ください。

項目名 説明
顧客 請求書の宛先になります。
案件名 請求書に表示される件名になるので、何の請求書かわかる内容を入力してください。
支払条件

請求書に表示される支払期限の算出に使用されます。

顧客を登録した時に選択した「デフォルト支払条件」が自動的にセットされます。

受注ステータス 受注の状況を示すものです。既に受注したものであれば、「受注済」を選択してください。
請求(予定)日 請求書に表示される日付です。

いずれも後から変更できますので、わからない場合は仮で入力して進んでください。

 

入力が終わったら「登録して明細入力へ」ボタンを押してください。案件情報が保存され、書類編集画面へ遷移します。

 

ステップ2:請求書登録

ステップ1で案件の登録が終わると、自動的に書類編集画面へ遷移します。見積書・発注書・納品書・請求書・領収書が空の状態で生成され、この中から必要なものを使う形になります。

今回は、「とにかく今すぐ請求書を作成する」ためのガイドなので、他の書類は使わず、請求書のみを登録します。

*他の書類を使う場合の使い方は、「ファーストガイド」をご覧ください。

 

請求書を登録するには、「請求書タブ」を選択します。

 

あとは、摘要・数量・単価・備考など必要な情報を入力して「保存」ボタンを押してください。

 

ステップ3:PDF出力・メール・郵送

 ステップ2で請求書を登録したら、それをPDF出力・メール・郵送することができます。

 

書類編集画面の下部に、上図のようなボタンがあります。

プリンタアイコンから、PDFを出力することができます。ブラウザ内にPDFが開くので、それを印刷したりダウンロードしたりすることができます。

メールアイコンから、board上からメール送信することができます。(メール送信機能のヘルプ

郵便マークから、郵送代行サービスをご利用頂けます。(郵送代行サービスのヘルプ

 

以上が、請求書を作成するための最低限のステップです。

より効果的に使いこなして業務を効率化するには、「ファーストガイド」をご覧ください。

 

また、個別相談会も実施しています。個別相談会ではデモをご覧頂きながら一通りの機能を把握することができたり、自社の業務を踏まえてご質問頂くことも可能です。

多くの方から「デモがとてもわかりやすく、参加してよかった。」と評価頂いていますので、ぜひご参加ください。



‹‹ 【ファーストガイド】基本操作フロー(見積・受... boardをトライアルで使用する ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です