boardヘルプセンター

"案件"単位で情報を管理する

boardでは、見積書・発注書・発注請書・納品書・検収書・請求書・領収書を作成することができますが、これらの「書類を作成する」という概念ではなく、「案件を登録する」という概念でシステム全体が設計されています。

これは、受託ビジネスにおいて、業務を行う上で「書類単位」で物事を考えるのではなく、必ず「案件単位」で物事を考えるため、「案件単位」で情報を管理できるようにすることで、実務に則した形で管理ができるようになり、より自然に、より効率的に業務を進めていくことができます。

例えば、保守契約のように、毎月同額の請求を行う場合、通常、見積書は1回で、その後、毎月同額の請求書を発行します。そのため、12ヶ月の契約の場合は請求書が12枚作成されることになります。
これを書類単位で管理していると、12枚のバラバラの情報となってしまいますが、案件情報で管理すると1つで管理することができます。

また、原価を案件に紐付けて登録することで、案件単位の損益管理が可能となります。


このように、boardをお使い頂く上で、この「案件単位」というのが一つのポイントとなっています。


案件一覧と請求一覧の位置づけ ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です