会計連携機能のリニューアルと並行稼働について

機能拡張および税率変更・軽減税率に対応した新しい会計連携機能をリリースしました。

なお、現在は既存の会計連携機能と並行して公開していますので、新旧両方の機能をお使い頂けます。

 

機能拡張の概要

従来の会計連携機能は、「案件区分1」に対応する「勘定科目」「税区分」のマッピングを設定できるというものでした。

今回の新しい会計連携機能では、「案件区分1」以外にも多くの項目をマッピングできるようになっています。また、会計連携専用の「会計区分1〜3」という項目も新たに用意しました。

また、設定可能な項目として、従来の「勘定科目」「税区分」に加え、「補助科目」「部門」「計上日」「摘要」など、各種の会計システムで使われている主要な項目にも対応しました。

 

税率変更・軽減税率対応

新しい会計連携機能では、税区分を「0%」「8%」「軽減税率8%」「10%」などの税率ごとに指定でき、同一請求書内に複数の税率が混在する場合は、税率ごとの金額を出力・連携できるようになっています。

そのため、税率が変更される2019年10月以降のデータについては、従来のものではなく、新しい会計連携機能を使って連携・データ出力を行ってください。

 

対象の会計システムについて

2019年8月25日時点では、以下の会計システム向けに、新しい会計連携機能をご利用頂けます。

・freee(API連携)
・弥生会計(CSV連携)
・勘定奉行(CSV連携)

なお、MFクラウド会計については、税率10%および軽減税率への対応から間もないため、今回は対象外です。現在、9月中の公開を予定しています。
(追記)2019年9月8日にMFクラウド会計も対応しました。

また、新しい会計連携機能では新たに「弥生会計オンライン」向けのデータ出力にも対応予定ですが、こちらは現時点では軽減税率に未対応のため、対応され次第公開する予定です。

 

会計データ設定の移行

新しい会計連携機能が公開された2019年8月25日時点での既存の設定は、可能な範囲で新しい会計連携機能に移行されているため、多くのケースでは、とくに新たな設定をする必要はなく、そのままお使い頂けます。

ただし、仕様の違いにより移行されていないものや、仕様が変わっているものもいくつかありますので、詳しくは「会計データ設定移行ガイド」を確認の上、適宜必要な設定を行ってください。

また、freee連携に際して、権限不足等でfreee APIに接続できない状態だった場合は、既存の設定が新しい方には移行されていませんので、ご注意ください。

*freeeの権限については、freee連携のヘルプの「freeeのユーザ権限に関する注意事項」をご覧ください。

 

新しい会計連携機能への切り替え方

freee連携の場合

まず上メニューの「設定→新・会計データ設定(β)」で設定内容を確認し、もし変更の必要があれば設定の変更を行ってください。

準備が完了したら、「新・会計データ設定(β)→連携対象」タブで「新バージョンへ切り替え」をONにしてください。

 

その他の会計システムの場合

まず上メニューの「設定→新・会計データ設定(β)」で設定内容を確認し、もし変更の必要があれば設定の変更を行ってください。

請求一覧・支払一覧で、下図のように新旧両方のメニューが表示されています。「β」と付いている方が新しい会計連携機能ですので、「β」が付いている方をお使いください。

 

関連ヘルプ

詳しくは下記のヘルプをご覧ください。

会計連携機能の概要
会計システム向けデータ出力の共通設定
会計データ設定の設定例
freee連携
弥生会計向けCSVデータ出力
勘定奉行向けCSVデータ出力
会計データ設定移行ガイド

 

 

一覧に戻る
‹‹ 2019年8月23日17時40分頃から18時... 計上データのCSV出力機能、会計区分機能をリリース ››