boardヘルプセンター

集計・分析設定

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
× × × 設定次第

 

「集計・分析設定」では、分析機能に関する設定をすることができます。

 

計上日の設定

下図のように、案件・案件原価・発注のそれぞれのデータでの「計上日」を指定することができます。

 

デフォルトでは「請求日」が計上日になっていますので、それ以外の日を計上日にしたい場合は、ここで変更してください。

 

納品日基準に関する注意点

「納品日」は、「請求日」と異なりboard上必須項目ではありません。納品日基準にした場合、「納品日」が未入力だと集計に含まれなくなりますのでご注意ください。

 

受注日・検収日基準に関する注意点

「納品日」「請求日」「入金日」は、案件を登録した時点で予定の日付が登録されていますので、未来分の見込みを集計することができます。

しかし、「受注日」「検収日」は顧客が起点となる日付のため、案件登録した時点では未入力の状態です。そのため、「案件編集」画面の「実績日付」タブで日付を設定しないと集計対象に含まれなくなりますのでご注意ください。

 

業種によっては、会計上「検収基準」で計上していることも多いかと思いますが、boardが「請求日」基準をデフォルトとしているのは、それによって、見込みを把握することができるようにするためです。

計上日を「受注日」「検収日」とする場合は、実績日付を登録するまでは集計に含まれず、見込みの把握ができなくなってしまいますので、boardの使い方としては推奨しておりません。そのため、例えば、検収日が納品日・請求日と月がずれることが多く、「検収日基準」にしないと数字が大幅にずれてしまうようなケースでご利用ください。

なお、各集計画面にて、どの基準日で集計するかを選択することもできるようになっていますので、そこで「納品日」「請求日」等との併用をして頂くと、見込みの把握もできるかと思いますので、ご活用ください。

 



‹‹ 費用科目管理 銀行名・支店名が変更になる場合の手順 ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。