boardヘルプセンター

board APIを利用する

APIを使って外部システムと連携することができます。

ここでは、board画面上でのAPIの設定の方法を記載します。APIの仕様やFAQ等は、board for developersをご覧ください。

APIの設定画面には、上メニューの「設定→API設定」から行くことができます。(管理者権限のユーザのみ)

 

なお、APIは、有料登録しているアカウントでのみ利用可能です。

 

APIキーとAPIトークン

board APIには、APIキーとAPIトークンがあります。

<APIキー>
アカウントで1つ発行され、リクエスト制限のためのリクエスト数は、このAPIキー単位にカウントされます。アカウントの識別キーのため、変更・削除はありません。

<APIトークン>
任意の数生成することができ、APIトークンごとに可能な操作(例:顧客の新規登録)を定義することができます。

セキュリティのため、可能な操作は最低限に範囲は限定することをお勧めします。そのため、用途に合わせてAPIトークンを登録し、必要な操作のみ有効にしてください。

 

APIを有効にする

初めてAPIを使用するときのみ、下図のような状態になっていますので、「APIを有効にする」を押してください。

 

 APIを有効にするとAPIキーが生成されます。

 

APIトークンを生成する

 APIトークンの登録は、そのトークンを使って可能な操作にチェックを入れてください。下図の例ですと、
・顧客の登録
・顧客の取得
・顧客リストの取得
が可能なAPIトークンになります。それ以外のAPIにアクセスした場合は、403エラーが返ります。

また、「用途・説明」には、後からわかるような内容を入力してください。

 

APIトークン登録後、生成したトークンが表示されますが、APIトークンは登録直後の一度しか表示されませんので、忘れずに安全な場所に保管してください。

 

また、APIトークンの有効・無効を切り替えることができますので、一時的に利用できないようにする場合などにご利用ください。

 

APIキー・APIトークンを使用する

生成したAPIキー・APIトークンは、リクエストヘッダに指定してください。

詳しくは、APIドキュメントの「認証・認可」をご覧ください。



‹‹ 書類上の日付の和暦対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です