boardヘルプセンター

検索条件・ソートのテンプレート保存

主要画面では、検索条件・ソートをテンプレートとして保存することができます。

検索条件テンプレートは複数保存することができ、保存された検索条件を選択リストから選択することで、その検索条件・ソートの状態を簡単に表示することができます。


検索条件テンプレートの保存

検索条件テンプレートは、「現在の検索条件・ソートの状態を保存する」という形で登録するので、まずは保存したい検索条件を設定し、その状態で保存ボタン(下図の赤枠)を押してください。


上記の例は、請求一覧のデフォルトの検索条件に加え、請求ステータスで「請求済」を指定しています。

保存ボタンを押すと、下図のようなダイアログが表示されます。



■テンプレート名
検索条件テンプレートの名称です。テンプレートを呼び出す際にわかりやすい名称をつけてください。

■日付の項目
上記の例では「請求月」ですが、各画面にいくつか年月や年月日を指定できる検索条件があります。このような日付の検索条件は、そのまま値を保存したいケースと、動的に「当月」「先月」「翌月」などとしたいケースのどちらもあります。

そこで、上図のように、日付の項目は、入力値をそのまま保存するか、「当月」などの動的な設定にするかを選ぶことができます。


検索条件テンプレートの呼び出し

保存した検索条件は、下図のように選択リストから選択することができます。


選択すると、自動的に検索条件・ソートが指定された状態の画面に切り替わります。


デフォルト設定

保存した検索条件テンプレートを、「デフォルト」として設定することもできます。

デフォルトとして保存するには、まずは対象のテンプレートを選択後、下図のデフォルト設定ボタン(赤枠)を押してください。


デフォルトに設定されると、上図のように選択リストで名称の前に「★」が付いて表示されます。

デフォルト設定がされている場合、ログイン後、最初にその画面にアクセスした際に、指定の検索条件が設定された状態で表示されます。なお、それ以降は、前回指定した検索条件が維持されますので、検索条件を変更し、別の画面に行って戻ってきた場合は、デフォルトではなく、直前に指定した検索条件が維持されています。


検索条件テンプレートの編集

現時点では編集機能は用意していませんので、登録済みのものを変更したい場合は、以下の手順で「削除→追加」操作を行ってください。

1. 対象の検索条件テンプレートを選択し呼び出す
2. 検索条件テンプレートの「削除ボタン」をクリックし、テンプレートを削除
3. 検索条件へ変更し、「保存ボタン」で新規テンプレートとして登録


検索条件テンプレートの活用例

検索条件テンプレートは、ご自身でよく使う検索条件を保存しておくと便利ですが、いくつか例を紹介します。

・常に税込表示にしたい場合は、税込表示の状態でテンプレート保存し、それをデフォルトに設定する
・「担当者」に自分を設定し、自分の案件のみが表示される状態をデフォルトにする
・請求一覧で「請求月」の指定を外し、「請求済」のみ指定することで、「未入金リスト」として活用する
・案件一覧で「未請求」「請求OK」のみを指定し、「当月未請求リスト」として活用する



‹‹ 検索結果の表示設定 メールアドレス(TO・CC)のデフォルト設定 ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です