発注を案件と紐付けて登録する

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
設定次第

 

発注は、案件に紐付けることができます。案件に紐付けることで、案件の原価として集計され、案件単位での損益管理を行うことができます。

 

発注登録で案件に紐付けて登録する

発注登録画面の「関連案件」で、紐付けたい案件を選択してください。

 

「関連案件」は上図のように、登録済みの案件から選択することができるようになっています。

 

案件単位での原価を確認する

発注が紐付けられていると、案件一覧上の「原価」項目に加算されます。

 

また、デフォルトでは非表示ですが、一覧右上の表示項目設定で「粗利」を表示すると、「見積金額 - 原価」の結果を表示することもできます。

 

案件に紐付いている発注情報を確認する

案件登録画面にて、紐付いている発注の一覧を確認することができます。

もちろん複数の発注を紐付けることも可能です。

 

案件情報を引き継いで発注を登録する

案件で登録した情報を引き継いで発注登録したい場合は、案件編集画面の下記より発注登録画面へ遷移すると、一部の項目を引継ぐことができます。

 

案件編集画面にて、紐付いている発注情報を表示するセクションがあります。

その右上に、「発注情報登録」ボタンがあり、「新規登録」と「案件情報を引き継ぐ」の2つの方式を選択することができます。

■新規登録
発注登録画面へ遷移し、「関連案件」が自動的にセットされます

■案件情報を引き継ぐ
発注登録画面へ遷移し、以下の項目を引き継いで自動的にセットされた状態にします。

・案件名→発注名
・受注ステータス→発注ステータス
・請求タイミング→発注タイミング
・請求日(一括・分割の場合)
・契約期間・支払間隔・自動契約更新(定期の場合)

引き継いだ情報は、デフォルトでセットしているだけですので保存はされていません。内容をご確認の上保存してください。

 

見積書からコピーする

「関連案件」が設定されている発注の場合、発注書編集画面上に、下記のように「見積書からコピー」ボタンが表示されます。

これをクリックしますと、紐付いている案件の見積書から内容をコピーしてセットしますので、同じ項目で発注書を作成したい場合にご利用ください。

 

なお、「見積書からコピー」した段階では登録はされていませんので、呼び出し後、必要に応じて修正してから保存してください。



‹‹ 支払タイミング「定期支払」について 発注の「管理番号」を活用する ››
一覧に戻る