boardヘルプセンター

書類の摘要・見出し行で利用可能な差込タグ

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限

 

明細の「摘要」「見出し行」では、差込タグを使って動的に表示させることができます。

 

例えば、書類編集画面上では、下記のように差込タグを入力します。 

 

これをPDFに出力すると、以下のように実際の年月に置き換わります。

 

*差込タグをご利用の際は、メール・郵送する前に必ずPDF出力して置き換わっていることをご確認ください。 

 

利用可能な差込タグ

「摘要」「見出し行」で以下の差込タグが利用可能です。

##請求年月## 請求月に置き換わります
##請求年月+n##

nは1〜12を指定することができ、請求月に指定月数をプラスした年月に置き換わります。

例)
請求日:2018/3/31、差込タグ:##請求年月+1##

PDF上の表示:2018年4月

##請求年月-n##

nは1〜12を指定することができ、請求月に指定月数をマイナスした年月に置き換わります。

例)
請求日:2018/3/31、差込タグ:##請求年月-1##

PDF上の表示:2018年2月

 

差込タグが利用可能な書類

差込タグは「請求日」を元にした差込タグなため、利用可能な書類は以下のとおりです。

・納品書
・請求書
・領収書
・合計請求書

 

なお、定期請求・分割請求での納品書の場合、納品書が1枚か複数かによって表示される年月異なります。

<納品書が1枚の場合>
初月の請求日を元に請求月を算出します。

<納品書が複数の場合>
納品書に対応する請求書の請求日を元に請求月を算出します。

 

定期請求の自動挿入メッセージの代わりに使用する場合

定期請求の場合、見積書から請求書に反映する際に、自動的に「○年○月請求分」という明細が挿入されるようになっています。

この自動挿入メッセージは、「請求月」「請求月の翌月」「請求月の前月」から選択できますが、2ヶ月以上ずれる場合は、この差込タグを使って対応することが出来ます。

1. 自動挿入メッセージが挿入されている場合はそれを削除します

2. ##請求年月+2##など、必要な差込タグを入力します

3. 保存する際、保存ボタンの隣りにある保存オプションで、「未請求の請求書・領収書へ明細を反映」を選択して保存します。

こうすることで、未請求の請求書に一括で反映することができます。



‹‹ 書類が複数ページにわたる場合にフッタにページ...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です