未承認書類へのDRAFT表示

この機能を利用可能なユーザー権限
マスターアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
× × × 設定次第
      

 

捺印申請が未承認の場合、PDF出力・メール・郵送時に「DRAFT」という透かしを入れることができます。

この機能はデフォルトでは無効になっているため、使用する際には上メニューから「設定→書類詳細設定→共通」タブの「未承認時DRAFT表示」をONにしてください。

 

設定を有効にすると、以下のように表示されます。

 

DRAFT表示される条件

DRAFT表示は、書類詳細設定の「未承認時DRAFT表示」がONの状態で、捺印権限がないユーザーが未承認の書類をPDF出力・メール・郵送した場合に表示されます。

そのため、以下のケースでは、DRAFT表示は行われません。

  • 未承認であっても、操作しているユーザーが捺印権限を有している場合
  • 対象の書類が承認済みの場合

また、当機能は捺印に関する機能のため、社印が表示されない自社宛の書類(例:顧客から受領するための発注書・検収書)には、上記の条件に関わらず、DRAFT表示は行われません。

 

DRAFT表示の用途・目的

boardでは、捺印申請が未承認の状態でも、社印を表示しない状態でPDF出力することができます。これは最終的な見栄えを確認するために、承認が下りる前でもPDFを出力して確認したいケースがあると考えているためです。

これに対して、「未承認のものはPDF出力・メール・郵送をできないようにしたい」というご要望を頂くことがあります。

しかしながら、boardとしては前述の通り、承認前のPDF出力を制御すべきではないと考えており、またPDFを出力できるということは、それをboard以外の環境から送ることは可能なため、承認前の書類のメール送信や郵送依頼をできないように制御してもあまり意味がありません。

一方、「未承認の書類を送付できないようにしたい」というニーズも理解できることから、当機能をご用意致しました。上記のようなケースでは、この「DRAFT表示」をお使いください。



‹‹ メール送信元設定
一覧に戻る