boardヘルプセンター

計上情報の変更

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
× × × 設定次第

 

集計対象となるデータは請求・支払のデータですが、請求・支払のデータには影響せずに、1回の請求の内容を分割で計上したり、計上日を変更したり、集計への計上内容を手動で変更することができます。

なお、計上情報の変更は、間違った変更をしてしまうと集計機能が意図通りに機能しませんので、管理者権限またはカスタム権限機能で権限を付与したユーザのみ利用可能な機能です。

 

計上情報変更機能を有効にする

計上情報変更機能は、デフォルトでは無効になっていますので、上メニューの「設定→機能表示設定」で「計上情報手動変更」をONにしてください。

 

計上情報を変更する

「機能表示設定」で「計上情報手動変更」をONにすると、下図のように、案件・発注編集画面に「計上情報」タブが表示されますので、ここで変更することができます。

 

デフォルトでは、請求の内容と同じ情報が表示されています。(上記例は、分割請求で2回に分けて請求するケース)

ここで、計上日や金額の変更、削除、行追加を行って、必要な状態に変更してください。

 

【重要】計上情報の手動変更に関する注意点

計上情報の変更は、必ず下記の注意事項をご認識の上、ご利用ください。

・集計機能は「請求」「支払」の情報を集計していますので、通常は、案件や発注の情報を変更した際に、自動的に集計にも反映されるようになっています。しかし、手動で計上情報を変更すると、案件・発注・書類とは連動しなくなります。そのため、例えば、請求書の金額を変更したり、請求日を変更しても、集計には反映されませんので、都度、計上情報も手動で変更する必要があります。

・分析機能には、「定期請求」「定期支払」で「自動契約更新」がONの場合、契約期間後も継続する想定で集計する機能がありますが、計上情報を手動変更した場合は、これができなくなります。

・計上情報を手動変更している場合、各分析画面で「計上日基準」以外での集計は正しく機能しない可能性があります。手動で計上情報を追加すると「計上日」以外の日付はありませんので、例えば「納品日基準」で集計した場合には手動追加した分は含まれなくなります。そのため、手動変更する場合は、原則「計上日基準」のみをご利用ください。

 

手動変更された場合の表示

計上情報を手動変更すると、下図のように、手動変更されたことを示すアイコンが表示されます。

 

案件一覧・発注一覧の「案件名」にも同様のアイコンが表示されます。

 

手動変更したものをリセットする

手動変更したものを元に戻したい場合は、下図の「リセット」ボタンでリセットすることができます。(リセットボタンは、手動変更している場合のみ表示されます)

手動変更すると案件や発注の情報と連動しなくなりますが、リセットすると、元の連動した状態に戻ります。



‹‹ クロス集計(発注) キャッシュフロー予測 ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。