検索条件を自由に構成する

この機能を利用可能なユーザー権限
マスターアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
      

 

案件一覧・請求一覧などの主要な一覧画面では、検索条件を指定するための項目を、個人のニーズに合わせて自由に選択・配置することができます。

当機能には、検索項目の「固定表示」と「随時追加」という考え方があります。

  • 「固定表示」は、よく使う検索項目を常に表示しておくための仕組みです。
  • 「随時追加」は、固定表示していない項目を、必要なときのみ追加して使用する仕組みです。

 

対象画面

現在、当機能は以下の画面でご利用頂けます。

  • 案件一覧
  • 請求一覧
  • 発注一覧
  • 支払一覧

 

検索項目の随時追加

普段表示されていない検索項目を利用したい場合は、下図のリストから選択して検索条件エリアに追加してください。これにより、追加された項目を利用できるようになります。

 

随時追加により追加された検索項目は、そのセッション中(継続したログイン中)であれば、表示が維持されます。たとえば、「検索項目を追加→その項目で検索→別画面へ移動→一覧に戻る」とした場合でも、追加された項目は表示されています。

もし一度ログアウトしたり、ログインセッションが切れて再度ログインした場合は、非表示に戻ります。これを再度利用する場合には、あらためてリストから検索条件エリアに追加する必要があります。

そのため、常に表示しておきたい項目については、次の「固定表示」をご利用ください。

 

検索項目の固定表示

常時表示される検索項目を設定することができます。

必要な項目を追加した状態で、下図の「固定項目編集」ボタンを押してください。

 

これにより、下図の「編集モード」に切り替わります。

 

編集モードでは、各検索項目の右側に「三本線アイコン」と「ゴミ箱アイコン」が表示されます。

「三本線アイコン」をドラッグ&ドロップすることで、検索項目を並び替えることができます。不要な項目は「ゴミ箱アイコン」で削除することができます。

希望する状態に配置したら、「保存」ボタンを押してください。保存せずに編集モードを終了する場合は、「終了」ボタンを押すと元の状態に戻ります。

固定表示された項目は、次回ログイン時にも維持されます。よく使う項目を固定表示にしておくと便利です。

なお、検索項目は同じ会社内でも個人ごとにニーズが異なることが多いため、固定表示はユーザーごとの設定となり、同一会社アカウント内の他のユーザーには影響しません。

また、他のユーザーに共有することもできませんので、各自で使いやすいように設定してください。

 

URLパラメーターで指定された検索項目

ダッシュボードや通知メール等からのリンクを経由して一覧画面にアクセスした場合、自動的に検索条件が設定されている場合があります。これは、URLの末尾にパラメーターとして検索条件が指定されていることによって実現しています。

この場合は、固定表示として設定されているかどうかに関わらず、そのパラメーターで指定された検索項目が表示されます。

 

検索条件テンプレート

検索条件テンプレート機能を使い、保存しておいた検索条件を呼び出した場合、固定表示に設定されていない項目であっても、自動的に表示されるようになっています。

そのため、検索条件テンプレートを利用する際には、固定表示の設定有無を意識する必要はありません。

参考:検索条件テンプレートについて

 

検索条件のリセット

検索条件右上にある「検索条件のリセット」ボタンを押した場合、その時点で検索項目に入力されている内容だけでなく、随時追加されていた項目もリセットされ、初期状態(固定表示の検索項目のみの状態)に戻ります。

参考:検索条件のリセット

 

選択リストにデフォルトで表示される件数

顧客、案件区分、タグなどの選択リスト方式の検索項目では、最初にリストを開いた時点では、リストには300件までしか表示されませんが、キーワードを入力して絞り込みを行うと、登録されているすべてから検索して、その結果をリストに表示します。

リストの件数が多い場合、画面表示に時間がかかってしまう要因になり、また、一定以上件数が多い場合は、目視で探すことは難しいため、キーワード入力での絞り込みを前提として、このような仕組みになっています。



‹‹ 一覧のヘッダー(項目行)・フッターを固定する 請求・支払関連ログ(電子帳簿保存法対応ログ) ››
一覧に戻る