外部ストレージ連携(Google ドライブ)

外部ストレージ連携機能を使うと、書類PDFをBox・Dropbox・Google ドライブに連携したり、ファイル保管機能の保存先を各ストレージサービスにすることができます。

当ヘルプでは、Google ドライブ連携固有の仕様について解説します。共通仕様については、ヘルプ「外部ストレージ連携(各サービス共通)」で解説していますので、先にそちらをご覧の上、当ヘルプをお読みください。

 

*外部ストレージ連携機能は現在ベータ版です。フィードバック等を踏まえて短期的に仕様が変わる可能性がありますのでご了承ください。

 

Google ドライブ連携を有効にする

Google ドライブ連携機能は、上メニューの「設定→外部サービス連携」で有効にします。

設定メニューのスクリーンショット

 

「外部サービス連携」画面で、「Google ドライブ連携機能を有効にする」ボタンをクリックします。

外部サービス連携画面のGoogle ドライブ連携部分のスクリーンショット

 

Google ドライブの画面へ移動し、下図のように連携可否の確認が表示されるので、「許可」を選択してください。なお、Google ドライブにログインしていない場合はログイン画面が表示されますので、ログイン後にこの操作を行ってください。

Google ドライブの連携許可画面のスクリーンショット

 

【重要】この連携許可を行うGoogle ドライブ側のユーザーに関する注意事項がありますので、ヘルプ「外部ストレージ連携(各サービス共通)」の「連携許可を行う外部ストレージサービス側のユーザーについて」をご確認ください。

 

API接続の許可範囲について

Google ドライブへの連携許可の範囲には以下の2種類がありますが、当連携機能では前者の広い権限が必要になります。

  • Google ドライブのすべてのファイルを表示、編集、削除したり、Google ドライブにファイルを作成したりできます
  • このアプリで操作する Google ドライブ上の特定のファイルのみを表示、編集、作成、削除します

 

当連携機能では、指定のフォルダー以外にはアクセスしないため、本来は後者の狭い権限による接続が望まれます。しかし、この狭い権限を用いた場合には、最初に連携を許可したGoogleユーザーとは別のユーザーが再度連携の接続を許可した場合に、従来のフォルダーにアクセスできなくなるという問題が生じます。

たとえば、最初に当連携機能を設定したユーザーが退職し、Google側から削除された場合、別のユーザーがあらためて当連携機能の設定(連携許可)を行う必要があります。この際、後者の狭い権限で連携を許可する仕組みの場合、以前に使用していたフォルダーには連携できず、新たなフォルダーに白紙の状態から連携する必要が生じます。

通常、このようなケースでは従来と同じフォルダーへの連携が望ましいため、当連携機能では前者の広い権限を必要としています。その上で、boardではアクセス可能なフォルダーを限定するため、ヘルプ「外部ストレージ連携(各サービス共通)」の「連携許可を行う外部ストレージサービス側のユーザーについて」の推奨事項にもあるように、連携専用のユーザーを作成し、所定のフォルダーにのみアクセス権を付与する方法を推奨しています。

 

連携設定について

連携設定の基本的な説明については、初めにヘルプ「外部ストレージ連携(各サービス共通)」の「連携設定について」をご確認ください。

以下、Google ドライブ固有の事項に関する解説をします。

連携先最上位フォルダー

ブラウザーでdrive.google.comにアクセスし、連携対象のフォルダーにアクセスしてください。

フォルダーのURLは「https://drive.google.com/drive/folders/1234567890abcdefg」という形式になっていますので、「1234567890abcdefg」の部分の文字列を入力してください。

 

エラー内容と対応方法

エラー時の対応方法と各サービス共通のエラーメッセージについては、ヘルプ「外部ストレージ連携(各サービス共通)」の「エラーおよびエラー時の再送方法」をご確認ください。

エラー時に履歴画面上に表示されるエラーメッセージの多くは、Google ドライブ側から返ってきたエラーをそのまま表示しています。そのため、以下を参考に、対応方法をご確認ください。

エラーログ 対応方法
404: notFound: File not found: xxxxx.

指定した「連携先最上位フォルダー」が存在しない、またはアクセス権がない可能性が考えられます。「連携先最上位フォルダー」の設定をご確認ください。

400: Authorization failed

一度連携を解除し、再度連携し直してください。

401: Request had invalid authentication credentials

Google ドライブ側で、連携済みアプリからboardを削除したケースで発生します。一度連携を解除し、再度連携し直してください。

403: insufficientParentPermissions: Insufficient permissions for the specified parent.

保存先のフォルダーに対してアクセス権と閲覧権限はありますが、フォルダー階層のいずれかのフォルダーに書き込み権限がない場合(例:共有ドライブの権限が閲覧者の場合)に発生します。Google ドライブ側のユーザー権限を見直すか、権限があるユーザーで再連携してください。



‹‹ 外部ストレージ連携(Dropbox)
一覧に戻る