boardヘルプセンター

通知機能の概要

通知機能は、案件の登録・ステータス変更等の変更通知、CSVダウンロード等のセキュリティ通知、未請求・未払い等のタスク通知を、メール・Slack・chatworkに送ることができる機能です。 

 

通知の種類は、以下の3種類に分類されます。

・情報の変更があった場合に通知する変更通知
・セキュリティに関する操作があった場合に通知するセキュリティ通知
・未請求・未払い・契約期間終了などのタスク漏れを防止するタスク通知

 

通知先は、メール・Slack・chatworkから選択することができ、併用も可能です。
通知先ごとの設定については、「メール通知の設定」「Slack通知の設定」「chatwork通知の設定」をご覧ください。

 

変更通知

変更通知は、情報の変更があった場合に通知する機能で、特に複数人数で利用している場合の共有に便利です。

*変更通知は、全てONにすると、通知数がかなり多くなる可能性がありますのでご注意ください。

<案件用>

通知名 説明
新規案件登録 新規案件が登録された場合に通知されます。
案件情報変更 案件情報が変更された場合に通知されます。主に案件編集画面での変更が対象です。
案件削除  案件が削除された場合に通知されます。
受注ステータス変更  受注ステータスが変更された場合に通知されます。 
請求ステータス変更 

請求ステータスが変更された場合に通知されます。
請求一覧での手動変更だけでなく、メール・郵送時の自動変更も対象です。 

進捗状況変更  進捗状況が変更された場合に通知されます。 
案件CSV一括登録  CSV一括登録で案件が登録された場合に通知されます。 
案件コピー  案件がコピーされた場合に通知されます。 
書類内容変更 書類編集画面にて書類の内容が変更された場合に通知されます。 
合計請求書作成  合計請求書が作成された場合に通知されます。 
合計請求書削除  合計請求書が削除された場合に通知されます。 
請求ステータス変更(合計請求書)  合計請求書の請求ステータスが変更された場合に通知されます。
売上額の変更 

売上額は「受注確定・受注済」ステータスの請求額の合計で、以下のケースで通知されます。
・受注ステータスが受注確定・受注済に変更された場合
・受注ステータスが受注確定・受注済から他のステータスに変更された場合
・受注確定・受注済の請求金額が変わった場合
・受注確定・受注済案件が削除された場合

 

<発注用>

通知名 説明
新規発注登録 新規発注が登録された場合に通知されます。
発注情報変更 発注情報が変更された場合に通知されます。主に発注編集画面での変更が対象です。
発注削除  発注が削除された場合に通知されます。
発注ステータス変更  発注ステータスが変更された場合に通知されます。 
支払ステータス変更 

支払ステータスが変更された場合に通知されます。

源泉徴収ステータス変更

源泉徴収ステータスが変更された場合に通知されます。

進捗状況変更  進捗状況が変更された場合に通知されます。 
発注CSV一括登録  CSV一括登録で発注が登録された場合に通知されます。 
発注コピー  発注がコピーされた場合に通知されます。 
書類内容変更 書類編集画面にて書類の内容が変更された場合に通知されます。 
発注額の変更 

発注額は「発注確定・発注済」ステータスの発注額の合計で、以下のケースで通知されます。
・発注ステータスが発注確定・発注済に変更された場合
・発注ステータスが発注確定・発注済から他のステータスに変更された場合
・発注確定・発注済の発注金額が変わった場合
・発注確定・発注済の発注が削除された場合

 

セキュリティ通知

セキュリティ通知は、CSVダウンロードなど、セキュリティに関する操作があった場合に通知する機能で、主に管理者向けです。

通知名 説明
CSV出力 案件一覧等の各種一覧で、CSV出力された場合に通知されます。
2段階認証設定 2段階認証が設定された場合に通知されます。
2段階認証解除 2段階認証が解除された場合に通知されます。 
プラン変更 プランが変更された場合に通知されます。 
ユーザ追加 ユーザが追加された場合に通知されます。 
ユーザ変更 ユーザ情報が変更された場合に通知されます。 
ユーザ削除 ユーザが削除された場合に通知されます。 
アドオン有効 アドオンを有効にした場合に通知されます。 
アドオン無効 アドオンを無効にした場合に通知されます。
IP制限変更 IP制限を設定・変更・削除された場合に通知されます。 


 

タスク通知

タスク通知は、未請求・未払いなど、何かアクションが必要なものを通知させる機能で、通知させるタイミングを「期限の○営業日前」「当日」「期限の○営業日後」の3パターンの設定が可能です。

そのため、例えば、「未請求確認」通知の場合、「期限の3営業日前」「当日」「期限の2営業日後」など、業務のタイミングや備忘のために複数設定しておくと便利です。

通知名 説明
未請求確認 請求日を基準として、未請求(受注ステータス:受注確定・受注済、請求ステータス:未請求・請求OK)のものがあれば通知します。
入金確認 支払期限を基準として、未入金(請求ステータス:請求済)のものがあれば通知します。 
契約期間終了確認 契約期間終了日を基準に、受注ステータス:受注確定・受注済、請求タイミング:定期請求、契約期間終了アラート:ONのものがあれば通知します。 
未払い確認 支払日を基準として、未払い(発注ステータス:発注確定・発注済、支払いステータス:請求書未受領・請求書受領済)のものがあれば通知します。 
源泉徴収納付確認 納付期限を基準として、未納付(発注ステータス:発注確定・発注済、納付ステータス:未納)のものがあれば通知します。 


「当日」の通知は、営業日に関係なく、対象の日に通知されます。

「期限前」「期限後」の通知は営業日ベースで日数をカウントします。デフォルトでは「定休日:土日」「休業日:祝日」が設定されていますので、それ以外の場合は、上メニューの「設定→休業日設定」で設定を変更してください。
詳しくは、「休業日設定について」をご覧ください。


<対象の日が休業日の場合の期限前・期限後の通知>

期限前・期限後の通知で、対象の日が休業日の場合、その前の営業日に合わせて通知されるようになっています。

例えば、未請求確認通知で、以下のケースがあったとします。

定休日:土日
請求日:4/30(日)
未請求確認通知:3営業日前

この場合、直前の営業日が4/28(金)ですので、この日を起点に3営業日前をカウントしますので、4/25(火)に通知されます。

このように、対象の日が休みの場合は、直前の営業日として扱うことで、業務が遅れないようにしています。



メール通知の設定 ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です