Chatwork通知の設定

この機能を利用可能なユーザー権限
マスターアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
× × × 設定次第
      

 

通知機能では、メール・Slack・Chatworkに通知を送ることができますが、このヘルプでは、「Chatwork通知」について記述します。

Chatwork通知は、下記のようなイメージの通知を指定のルームに送ることができます。

 

Chatwork通知の設定は、上メニューの「設定→外部サービス連携」から設定することができます。 

 

なお、Chatwork通知はアカウント全体での設定です。メール通知が個人ごとの設定という違いがありますのでご注意ください。

 

APIトークンを取得

APIトークンの取得方法については、Chatworkのヘルプ「APIトークンを発行する」をご覧ください。

 

ルームIDを取得

通知を連携するルームを選択し、URLの「https://www.chatwork.com/#!rid」に続く数字がルームIDです。(ridは含みません)

例:https://www.chatwork.com/#!rid12345678

上記の「12345678」部分がルームIDです。

 

APIトークン・ルームIDを設定

Chatworkから取得したAPIトークン・ルームIDをboard上で設定します。上メニューの「設定→外部サービス連携」画面で、「Chatworkと連携」をクリックしてください。

 

そうしますと、下記のようなAPIトークン・ルームIDの設定画面に遷移しますので、Chatworkから取得したものを設定してください。「ルーム名」は後から設定を見返した際にわかりやすいようにするためのものですので、任意の名前を付けて頂いて大丈夫です。

 

APIトークン・ルームIDを設定すると、Chatwork連携ができる状態になり、通知内容の設定ができる画面が表示されますので、Chatworkへ通知させたいものを選択してください。

 

一度連携設定をすると、外部サービス連携画面上、下記のような表示になります。

 「設定」から通知内容のON/OFFの設定画面に行くことができます。

また、「設定」からルームIDを追加することもできます。複数のルームIDが設定されていると、下記のように、通知ごとに、どのルームに通知させるかを選択することができるようになります。

 

 

変更通知・セキュリティー通知・タスク通知

「変更通知」「セキュリティー通知」「タスク通知」の各タブで、Chatworkに通知がほしいものをONにして登録してください。通知の種類の内容については、「通知機能の概要」をご覧ください。

 

Chatwork連携における注意点

Chatwork連携に関連して、以下の点にご注意ください。

  • Chatwork側でAPIトークンを再発行した場合、APIトークンが変わってboardから接続できなくなります。再発行した場合は、必ず、board側の設定も変更してください。
  • Chatwork側の障害等で通知を送ることができなかった場合、10分間は再送を試みます。それでも連携できない場合は送信不可となり送信されません。


‹‹ Slack通知の設定 休業日設定 ››
一覧に戻る