書類が複数ページにわたる場合にフッタにページ番号を表示

この機能を利用可能なユーザ権限
操作 マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
書類詳細設定の変更 × × × 設定次第
ページ番号付きのPDF出力 設定次第
      

 

見積書や請求書などの書類が2ページ以上になる場合に、フッタに案件Noとページ番号を表示することができます。

 

 

上図のように、「案件No 現在のページ数 / 総ページ数」という形式で表示されます。

案件Noの代わりに「管理番号」を表示する設定にしている場合は、フッタにも「管理番号」が表示されます。

 

ページ番号の表示を有効にする

ページ番号の表示は、デフォルトでは無効になっていますので、上メニューの「設定→書類詳細設定→共通タブ」にある「複数ページ時フッタ表示」をONにしてください。

 

ページ番号が表示される条件

ページ番号は、2ページ以上になる場合のみ表示されます。

そのため、「書類詳細設定」で設定をONにしている場合でも、1ページ以内に収まる場合はページ番号は表示されません。

また、送付状とセットで出力した場合、送付状は総ページ数のカウントには含まれず、またページ番号も表示されません。「見積書」や「請求書」などの書類でのみページ番号が表示されます。

 

注意事項

ページ番号の設定を有効にすると、フッタ部分にページ番号を表示するための領域を確保するため、表示しない設定の状態よりも、1ページあたりの表示可能行数が1〜2行減ります。

*設定が有効になっている時点でフッタに領域を確保するため、「設定が有効&1ページに収まる」場合においても、1〜2行分のフッタ領域は確保されます。



‹‹ 書類の宛名の下に住所や担当者名を表示する 書類の摘要・見出し行で利用可能な差込タグ ››
一覧に戻る