Excel・Googleスプレッドシート・Numbersからコピーした内容を書類編集画面にペースト

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
設定次第

 

Excel・Googleスプレッドシート・Numbersからコピーした内容を書類編集画面にペースト(貼り付け)することができます。

 

書類編集画面の「Excelからペースト」ボタンをクリックすると、ペーストするための入力欄が表示されます。

*ボタン名は「Excelからペースト」ですが、Googleスプレッドシート・Numbersの場合も同様です。

 

入力欄にペースト後、「実行」ボタンを押すと、書類編集画面の明細行部分に内容が反映されます。

この時点ではまだデータは保存されていないので、内容を確認の上、画面下方の保存ボタンで保存してください。

 

ペーストするデータのフォーマット

ペースト可能な項目は、「摘要」「数量」「単位」「単価」です。

たとえば、以下のような内容をコピーして、ペーストすることができます。

<単位表示ONの場合>

上記をペーストすると、書類編集画面では以下のようになります。

 

<単位表示OFFの場合>

上記をペーストすると、書類編集画面では以下のようになります。

 

また、以下のように一部の項目のみをコピーすることも可能です。

<摘要のみの場合>

上記をペーストすると、書類編集画面では以下のようになります。

 

<摘要と単価のみの場合>

上記をペーストすると、書類編集画面では以下のようになります。

 

また、タブ区切りのデータであれば、Excel・Googleスプレッドシート・Numbers以外からのデータでもペーストすることができます。

 

置換と追記

ペーストする際の方法として、「置換」または「追記」を選択することができます。

「置換」の場合は、書類編集画面の明細行にある内容を引き継がず、すべての内容を置き換えます。

「追記」の場合は、書類編集画面の明細行にある内容を引き継ぎ、その末尾に追記します。

 

入力制限

このペースト機能には、以下の入力制限があります。

・入力チェックは画面上の操作と同様に動作します。たとえば、「数量」に数値以外の文字が含まれている場合、入力チェックに弾かれて空欄になります。

・一度にペーストできる行数は500行までです。それ以上の内容は無視されます。

 



‹‹ 書類の摘要・見出し行で利用可能な差込タグ
一覧に戻る