案件の「管理番号」を活用する

この機能を利用可能なユーザ権限
操作 マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
設定変更 × × × 設定次第
案件登録 設定次第
      

 

案件Noは自動的に連番が採番され、変更することはできませんが、これとは別に、自由に番号を登録できる「管理番号」があります。

「管理番号」は任意の情報を入力できるテキスト項目で、各社の運用に合わせて活用できます。

 

管理番号機能を有効にする

管理番号機能はデフォルトではOFFになっていますので、利用に際しては上メニューの「設定→機能表示設定」でONにしてください。(管理者権限のユーザのみ)

「機能表示設定」については「機能表示設定で機能のON・OFFを設定」をご覧ください。

 

管理番号を登録する

「管理番号」は、案件登録画面で登録できます(下図赤枠)。



たとえば、紙で管理している契約書番号を保存したり、案件Noの代わりに独自に番号を入力して使うことも可能です。

案件一覧等の検索画面では、「詳細検索」に「管理番号」の項目があるので、管理番号で検索することも可能です。

 

案件Noの代わりに見積書・請求書等に表示する

見積書・請求書などの各種書類には、通常、案件Noが表示されますが、案件Noの代わりに管理番号を表示することもできます。

上メニューの「設定→書類詳細設定」の「管理番号」をONに設定してください。

この設定を行うと、管理番号が登録されている案件では、案件Noの代わりに管理番号が表示されます。
*この設定をONにしても、管理番号が登録されていなければ案件Noが表示されます。





‹‹ 案件情報に紐付いた顧客・顧客支社情報を最新化する 案件のCSV一括登録 ››
一覧に戻る