boardヘルプセンター

発注先情報の登録

発注先情報は、発注先名や住所だけでなく、支払条件や契約書の締結状況など、取引をする上で必要な基本的な情報を管理することができます。

発注先情報は左メニューの「発注管理」の中から行くことができます。




発注先略称名

発注書には正式名称が表示されますが、boardの画面上は、スペースの節約と呼び慣れている名称で表示できるように、「発注先略称名」を表示するようにしています。

発注先名を入力後、テキストボックスからカーソルが抜けると、自動的に「株式会社」や「合同会社」などを削除した会社名を「発注先略称名」にセットしますが、その他必要に応じて、自由に略称名を登録してください。


住所

窓付き封筒対応で印刷する場合、ここの住所が使用されます。


デフォルト支払条件

多くの場合、支払条件は発注先ごとに決まるため、発注先情報として、デフォルトの支払条件を設定します。

発注情報の登録で発注先を選択すると自動的にデフォルト支払条件が発注の支払条件にセットされます。


振込手数料負担

案件管理と異なり、発注の方はこちらから請求書は発行しないため、この項目がシステム上使われることはありませんが、管理上、登録できるようになっています。


NDA・基本契約締結

boardのシステム上は使用しない項目ですが、発注先との契約状況の管理にお使いください。


書類送付方法

多くの場合、PDFでメール送付するか印刷して郵送するか、発注先ごとに決まります。
ここで、「PDF」または「郵送」を設定しておくと、発注一覧などで、「PDFのみチェック」「郵送のみチェック」をすることができます。

デフォルト和暦表示

発注先情報としてデフォルトで和暦表示をONにすると、発注登録時に、自動的に発注の「和暦表示」設定に反映されます。
*和暦表示機能はデフォルトではOFF設定となっているため、ご利用の際は「機能表示設定」でONにしてください。



発注先のCSV一括登録 ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です