申請フローの設定

この機能を利用可能なユーザー権限
マスターアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
× × × 設定次第
      

 

申請フローは、捺印申請の承認者及び承認のプロセスを設定する機能です。上メニューの「組織設定→申請フロー管理」で登録できます。

 

申請フローの登録

申請フローは以下のような登録画面から登録することができます。

 

<利用可能ユーザー>

利用可能ユーザーは、この申請フローを利用することができるユーザーを選択してください。ここで指定したユーザーは、申請時にこの申請フローを利用できるようになります。また、1ユーザーで複数の申請フローを持つことができます。

<利用可能グループ>

利用可能なユーザーをグループで管理することができます。まず、上メニューの「組織設定→グループ管理」でグループを作成し、そこにユーザーを所属させます。「利用可能グループ」でそのグループを選択すると、そのグループ内のユーザーが、この申請フローを利用できるようになります。

<申請フロー>

この申請フローの承認者を設定する欄で、最大4段階の承認ステップを設定することができます。承認者は1ステップで複数人設定することも可能です。

 

承認・否認時の動き

否認の場合、ステップは1〜4段階ありますが、どのステップで否認されても最初の段階(申請者)に戻ります。

承認の場合、複数ステップある場合は、そのステップで誰か一人でも承認すると次のステップへ進みます(次のステップの承認者へメールが送信されます)。最終ステップで承認されると、申請者に承認メールが送信されます。

 

申請フロー変更・削除時の制限

申請フローが使用されている場合(このフローを使った申請が申請中・否認・取消状態の場合)、フローの変更(承認ステップの追加・削除)や申請フロー自体の削除を行うことができません。

 

捺印権限と承認者の分離

捺印権限と承認者は別の概念になっており、以下のような定義になっています。

  • 捺印権限:申請なしで社印付き書類を出力できる権限
  • 承認者:申請フローで設定された承認者

そのため、捺印権限保有者自身が、確認のため捺印申請を出す、といったフローも可能です。



‹‹ 捺印の承認状態が解除されるケース 金額によって承認者が異なる場合の対応方法 ››
一覧に戻る