boardヘルプセンター

申請フローの設定

申請フローは、捺印申請の承認者及び承認のプロセスを設定する機能です。

 

申請フローの登録

申請フローは以下のような登録画面から登録することができます。

 

<利用可能ユーザ>
利用可能ユーザは、この申請フローを利用することができるユーザを選択してください。ここで指定したユーザは、申請時にこの申請フローを利用できるようになります。
また、1ユーザで複数の申請フローを持つことができます。

<利用可能グループ>
利用可能なユーザをグループで管理することができます。
まず、上メニューの「設定→グループ管理」でグループを作成し、そこにユーザを所属させます。
「利用可能グループ」でそのグループを選択すると、そのグループ内のユーザが、この申請フローを利用できるようになります。

<申請フロー>
この申請フローの承認者を設定する欄で、最大4段階の承認ステップを設定することができます。
承認者は1ステップで複数人設定することも可能です。

 

承認・否認時の動き

否認の場合、ステップは1〜4段階ありますが、どのステップで否認されても最初の段階(申請者)に戻ります。

承認の場合、複数ステップある場合は、そのステップで誰か一人でも承認すると次のステップへ進みます(次のステップの承認者へメールが送信されます)。最終ステップで承認されると、申請者に承認メールが送信されます。

 

申請フロー変更・削除時の制限

申請フローが使用されている場合(このフローを使った申請が申請中・否認・取消状態の場合)、フローの変更(承認ステップの追加・削除)や申請フロー自体の削除を行うことができません。

 

捺印権限と承認者の分離

2017年6月17日以前の旧捺印申請機能では、「捺印権限保有者=承認者」でした。

しかし、現在の捺印申請機能では、捺印権限と承認者は別物とし、以下のような定義になっています。

捺印権限:申請なしで社印付き書類を出力できる権限
承認者:申請フローで設定された承認者

そのため、捺印権限保有者自身が、確認のため捺印権限を出す、とったフローも可能です。



‹‹ 捺印の承認状態が解除されるケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です