OneLoginでのSAML認証によるシングルサインオン設定

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
× × × 設定次第
      

 

OneLoginでのシングルサインオンの設定手順です。

 

OneLogin側の設定

1. アプリケーションの検索

OneLoginの管理画面で「Apps→Add Apps」を選択してください。

 

検索ボックスに「board」と入力して検索し、検索結果からboardを選択してください。

 

2. Configuration

アプリケーションの検索から「board」を選択すると、下図のように、名称やロゴが入った状態の設定画面が表示されますので、右上の「SAVE」ボタンを押してください。

なお、表示名(Display Name)をデフォルトのものから変更したい場合は、ここで変更してください。

 

3. Application Details

「Application Details」の「Account ID」に、boardの「シングルサインオン設定→サービスプロバイダ情報タブ」にある「OneLogin用Account ID」を入力してください。

 

「OneLogin用Account ID」は下記に表示されています。

 

以上でOneLogin側の設定は完了です。

 

board側の設定

OneLoginの以下よりSAMLメタデータをダウンロードしてください。

ダウンロードしたSAMLメタデータをboardの「シングルサインオン設定→IDプロバイダ設定タブ」の「SAMLメタデータ」にアップロードしてください。

board側の設定について、詳しくは「シングルサインオン設定」のヘルプを覧ください。

 

以上で設定は完了です。

「SSO動作モード」はデフォルトでは「シングルサインオン無効」になっているので、「通常ログイン・シングルサインオン併用」に変更して動作確認をしてください。

 



‹‹ SAML認証によるシングルサインオン(SSO)
一覧に戻る