2段階認証

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
      

 

セキュリティ強化のために2段階認証機能を提供しています。当ヘルプでは、同機能の概要と設定手順を解説します。

 

2段階認証とは

ログインする際に、ID・パスワードに加えて、スマートフォンアプリに表示される6桁のコードを入力することでログインできるようにする仕組みです。

2段階認証を設定した場合、ログインするためには「自分だけが知っている情報(パスワード)」と「自分が持っている物(スマートフォン)」の両方が必要になり、仮にパスワードが盗まれても、スマートフォンが手元にあれば他人がログインすることはできず、セキュリティを強化することができます。

 

*上記の「パスワードとスマートフォン」のように、性質が異なる複数の情報を認証情報として用いることを「2要素認証(多要素認証)」とも表現しますが、boardではより広範な意味合いで一般に浸透している「2段階認証」を呼称として使用しています。

 

手順①:2段階認証アプリをインストール

Google Authenticatorなどの2段階認証アプリを利用します。2段階認証アプリをお持ちでない場合は、下記から、お手持ちのiPhoneまたはAndroidにインストールしてください。 

 

■Google Authenticator
App Storeからダウンロード
Google Playからダウンロード

 

手順②:2段階認証を有効する

メニュー右端の「ログイン名→個人設定」から設定することができます。

 

「2段階認証設定」リンクをクリックすると設定画面へ移動します。

 

下図の「設定する」ボタンをクリックすると、QRコードが表示されます。

 

前述の「2段階認証アプリ」でQRコードを読み取ると、アプリ上に6桁の番号が表示されます。

 

この番号は一定時間ごとに変化するので、次の番号に変わる前に、QRコード下のテキストボックスにその時点の番号を入力して登録してください。 

 

番号が正しければ登録が完了します。

*セキュリティ上の理由により、登録時には「現在のパスワード」を入力する必要があります。

 

 

手順③:ログイン時に2段階認証のコードを入力

上記の設定が完了すると、次回以降のログイン時に下図の画面が表示されます。2段階認証アプリを起動し、その時点で表示されている6桁のコードを入力するとログインできます。 

 

関連ヘルプ

2段階認証アプリを入れた端末を紛失・機種変更してログインできなくなりました

2段階認証を必須にする

 

 

 



‹‹ IP制限 2段階認証を必須にする ››
一覧に戻る