納期変更時に納品日にも同じ日付を反映する

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
設定次第
      

 

「納期」と「納品日」は、似ていますが異なる項目です。

納期:納品予定(期限)で、案件編集画面で指定
納品日:実際に納品した日で、納品書編集画面で指定

 

新規登録時は、案件登録画面で「納期」に指定した日付が自動的に「納品日」に反映されるようになっています。

案件変更時は、常に同期されてしまいますと予定と実績が常時連動した状態になってしまうため、デフォルトでは連動しないようになっています。

 

そのため、「納期」変更時に「納品日」にも同じ日付を反映したい場合は、案件編集画面の「納期」欄にある「納期の日付を納品日にも反映」にチェックを付けて登録して頂ければ、納品日にも反映されるようになっています。

 

なお、以下の条件の場合は、このチェックは表示されません。

・新規登録時(新規登録時は自動的に納期の日付が納品日に反映されます)
・定期請求・分割請求で複数納品書のケース(複数納品書の場合は、納期ではなく請求日が納品日にセットされる仕様ですので、納期からの反映はされません)

 

「納期の日付を納品日にも反映」をデフォルトONにする

「納期の日付を納品日にも反映」のチェックをデフォルトでチェックされた状態にしたい場合は、上メニューの「ユーザ名表示部分→デフォルト設定」にて「納期を納品日にも反映」をONにして頂ければ、デフォルトでチェックが付いた状態になります。

デフォルト設定について、詳しくはデフォルト設定のヘルプをご覧ください。



‹‹ 納期に日付ではなく任意のテキストを表示する
一覧に戻る