捺印の承認状態が解除されるケース

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
設定次第
      

 

捺印申請後、書類の内容が変更されるような操作が行われた場合、自動的に承認がキャンセルされるようになっています。

これは、承認後に内容を変更できてしまうのを防ぐためこのような仕組みになっています。

 

自動的に承認が取り消されるケース

承認済みの書類の登録画面で「保存」ボタンを押された場合に自動的に承認状態はキャンセルされます。

 

他の書類から変更を反映したケースも同様です。

たとえば、請求書が承認済みの状態で、見積書から「明細を他の書類に反映」を選択したまま登録すると、請求書にも反映されますので、承認済みのものは自動的に取り消しになります。

なお、同一案件の別の書類を保存しても影響はありません。

例:見積書が承認済みで、請求書を保存した場合でも、見積書の承認状態には影響はありません。

 

案件情報の変更

案件編集画面で案件情報を変更した場合は、変更内容によって異なります。

たとえば、「社内メモ」に追記しただけのケースでは、書類に影響はありませんので、承認状態は維持されます。

一方、「請求タイミング」の変更などは、請求書が再作成されますので、その場合は、請求書が承認済みの場合は自動的に取り消しされます。



‹‹ 一覧上で申請状況を把握する 申請フローの設定 ››
一覧に戻る