boardヘルプセンター

捺印の承認状態が解除されるケース

捺印申請後、書類の内容が変更されるような操作が行われた場合、自動的に承認がキャンセルされるようになっています。

これは、承認後に内容を変更できてしまうのを防ぐためこのような仕組みになっています。


自動的に承認が取り消されるケース

承認済みの書類の登録画面で「登録」ボタンを押された場合に自動的に承認状態はキャンセルされます。

例えば、下図のように、請求書を捺印申請し、承認済みの状態とします。

この状態で、「保存」ボタンを押すと、自動的に承認状態は取り消されます。


また、他の書類から変更を反映したケースも同様です。

例えば、請求書が承認済みの状態で、見積書から、「明細を他の書類に反映」をチェックをつけたまま登録すると、請求書にも反映されますので、承認済みのものは自動的に取り消しになります。



なお、同一の案件の別の書類を保存しても影響はありません。

例:見積書が承認済みで、請求書を保存した場合でも、見積書の承認状態には影響はありません。


案件情報の変更

案件編集画面で案件情報を変更した場合は、変更内容によって異なります。

例えば、「社内メモ」に追記しただけのケースでは、書類に影響はありませんので、承認状態は維持されます。



一方、「請求タイミング」の変更などは、請求書が再作成されますので、その場合は、請求書が承認済みの場合は自動的に取り消しされます。




‹‹ 申請状況を把握する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です