boardヘルプセンター

請求タイミング「分割請求」について

案件情報の登録で、「請求タイミング」は「一括請求」「定期請求」「分割請求」の3種類から選択することができます。

ここでは、「分割請求」について説明します。

「請求タイミング」については「案件情報を登録する」をご覧ください。


分割請求で登録

分割請求は、1つの案件で、複数回に分けて請求する場合に使用します。

一般的に納品時に一括請求することが多いかと思いますが、着手金として先に頂くケースや、納品までの期間が長い場合に中間納品して請求するケースなどでご利用ください。



分割請求の請求回数に制限はありません。「請求日追加」リンクをクリックすると1行追加されます。


分割請求の場合の書類登録画面

分割請求の場合、1つの見積書に対して、複数の請求書が紐付きます。

そのため、書類登録画面は、以下のように、「請求書」タブを選択するとドロップダウンで請求日を選択できるようになり、請求日を選択すると、その請求日用の請求書が表示されます。





分割請求の場合の見積書と請求書の連動

一括請求・定期請求の場合、見積書の登録時に「明細を他の書類に反映」チェックを付けて登録すると、見積書の摘要・金額が発注書・納品書・請求書に反映されます。

分割請求の場合、見積書で入力した金額のうち、いくら分をどの請求書に反映するのか自動的に決めることができないため、分割請求で「明細を他の書類に反映」チェックを付けて登録した場合は、請求書には摘要のみ反映され、金額は反映されません。

0円の請求書になっているため、必ず、手動で、それぞれの請求額を入力してください。

また、売上の集計は、請求書の金額を元に集計していため、分割請求で見積書のみを登録した状態だと、売上集計には加算されません。適切な経営判断のために、請求時ではなく、見積書登録時に合わせて請求書の方も登録することをお勧めします。




‹‹ 請求タイミング「定期請求」について 案件情報に紐付いた顧客・口座情報を最新化する ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です