分割請求の案件を登録する

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
設定次第
      

 

案件情報の登録で、「請求タイミング」は「一括請求」「定期請求」「分割請求」の3種類から選択できます。

ここでは、「分割請求」について説明します。

 

分割請求で登録

分割請求は、1つの案件で、任意の回数・任意のタイミングで請求する場合に使用します。

たとえば、着手金として先に請求するケースや、納品までの期間が長い場合に、中間納品をして請求するケースなどでご利用ください。

 

分割請求の請求回数に制限はありません。上図(2つ目の赤枠下方)の「請求日追加」のリンクをクリックすると、1行追加されます。

 

分割請求における書類編集画面

分割請求では、1つの見積書に対して複数の請求書が紐付きます。

そのため、書類編集画面の「請求書」タブでは、複数の請求日がドロップダウンリストで表示され、対象の請求日を選択すると、その請求書が表示されます。

 

分割請求における見積書と請求書の連動

一括請求や定期請求では、見積書の登録時に「明細を他の書類に反映」を選択して保存すると、見積書の摘要・数量・金額が発注書・納品書・請求書・領収書に反映されます。

一方、分割請求では、見積書で入力した金額のうち、いくら分をどの請求書に反映するか自動的に決めることができないため、分割請求で「明細を他の書類に反映」を選択して保存した場合は、数量が1つ目の請求書のみに反映され、それ以外の請求書の数量は0になります。

その結果、2つ目以降の請求書は0円になっているため、手動でそれぞれの明細を編集してください。



‹‹ 定期請求の案件を登録する 案件情報に紐付いた顧客情報を最新化する ››
一覧に戻る