boardヘルプセンター

発注情報を登録する

発注情報は、左メニューの「発注管理」の中の「発注登録」から行くことができます。



また、案件と紐付けた発注を登録する場合は、下図のように案件登録画面から行くこともできます。



なお、案件との紐付けは、上記からだけでなく、左メニューの「発注登録」から登録した場合も可能です。


発注情報の項目説明

発注登録画面は下記のようになっています。

 



発注情報として登録できる項目は下記のとおりです。

発注先 登録しようとしている発注の発注先を選択します。ここに存在しない場合は、「発注先登録」から登録してください。
発注先担当者 発注先の担当者です。必要がない場合は選択しなくても登録できます。
送付状出力時に、発注先担当者が登録されている場合は担当者の名前が表示され、未登録の場合は「ご担当者様」と表示されます。

また、メール送信する際、発注情報に発注担当者が設定されており、かつ、担当者情報にメールアドレスが登録されている場合は、メール送信画面に自動的にそのメールアドレスが表示されます。
発注名 発注の名称で、発注書上に表示されるので、正式な名称を登録してください。
担当者 発注の担当者(自社のユーザ)を選択してください。
関連案件 発注を案件に紐付ける場合は、ここで登録済みの案件を選択してください。
支払条件 発注先を選択すると、自動的に発注先のデフォルト支払条件がセットされます。変更したい場合はここで変更してください。

なお、支払条件は、発注書に表示されるだけでなく、キャッシュフロー予測の支払日の計算に使用されます。
発注ステータス 発注のステータスです。発注状況の管理に使用してください。
また、boardのシステム上、発注確定・発注済を正式な発注案件として扱います。
*「発注確定」は発注が確定しているがまだ発注書を発行していない場合などにご使用ください。

見積中案件は高・中・低の確度を設定しておくことで、確度別の支払い予測が出せます。

「見積中(除)」に設定しておくと、集計対象外になるため、複数パターンの見積もりを登録する場合などにご活用ください。
支払タイミング 支払のタイミングを選択してください。
一括支払:納品時に1回だけの支払
定期支払:契約期間内、定期定額の支払
分割支払:複数回に分けた支払

詳しくは、ヘルプのそれぞれの項目をご覧ください。
源泉徴収 発注先の源泉徴収の有無を設定してください。
発注先を選択した時点で自動的に発注先に設定されている源泉徴収がセットされます。
請求情報 請求日及び金額を入力してください。
消費税・源泉徴収税は、金額を入力後テキストボックスからカーソルが抜けると自動的に計算されます。
進捗状況 発注の進捗状況(未着手・着手中・納品済・検収済)の管理にご使用ください。

boardのシステム上は、このステータスによって制御しているものはありませんので、管理上必要なければ入力しなくても問題ありません。
社内メモ 社内用のメモです。メンバー間の共有や備忘録などでお使いください。
管理番号 任意の管理用番号を入力しておくことができます。詳しくは「管理番号」を活用するをご覧ください。
発注区分 「発注区分別集計」で設定されている区分ごとに集計することができます。
発注区分は、いくつかサンプルとして予め用意していますが、各社ごとに自由に登録することができます。
タグ 「タグ別集計」で設定されているタグごとに集計することができます。
集計用出金口座 「日別入出金予定表」で口座別の出金を集計する場合はここで口座を指定してください。
和暦表示 各書類の日付表示を和暦表示にする事ができます。
*デフォルトではOFF設定となっているため、ご利用の際は「機能表示設定」の和暦表示をONにしてください。


発注の場合、発注先の発注書フォーマットがある場合も多いため、必ずしも書類が必要になるとは限りません。そのため、書類が不要な場合は、この画面で金額等を入力し、「登録」ボタンを押すと完了します。
発注書まで必要な場合は「登録して明細入力へ」とすると発注書登録画面へ遷移します。

 



発注の「一括支払」「定期支払」「分割支払」について ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です