boardヘルプセンター

案件に紐付かない単体の送付状を作成する

顧客・顧客担当者・発注先・発注先担当者の情報から、案件と紐付かない単体の送付状を作成することができます。

契約書等、boardで管理している書類以外のものを郵送する際にお使いください。

単体送付状は、単体送付状画面の「新規登録」から作成する方法と、顧客・顧客担当者・発注先・発注先担当者の一覧から作成する方法の2種類の方法で作成することができます。

単体送付状画面から作成する

単体送付状画面には、上部メニューから行くことができます。




単体送付状画面の「新規登録」ボタンから登録画面へ進んでください。

 

単体送付状を作成するには、まず、「送付先区分」を選択し、顧客・発注先のどちらのデータを使用するかを選択します。その後、「送付先」にて、該当の顧客・発注先を選択してください。

なお、顧客・発注先は必須ですが、顧客担当者・発注先担当は任意項目です。未入力の場合は、「○○株式会社 御中」という表記になります。

<テンプレート>
よく使う内容を送付状テンプレートとして登録しておくと、登録時に呼び出すことができます。いくつかサンプルを用意していますので、それを参考に、テンプレートを作成してください。

詳しくは、送付状テンプレートのヘルプをご覧ください。

<送付内容>
送付内容には、「基本契約書 2部」のように送付する内容をご記入ください。

<表示設定>
デフォルトでは、送付状の日付は自動的に出力日が表示されます。
出力日ではなく特定の日付を指定したい場合は、「表示設定」の「送付状日付」を設定しておくと、その日付が使われます。

顧客・顧客担当者・発注先・発注先担当者一覧から作成する


単体送付状は、顧客・顧客担当者・発注先・発注先担当者の一覧から作成することもできます。


上図は顧客一覧の例ですが、一覧に「送付状」というボタンが表示されています。それをクリックすると、その顧客が選択された状態で単体送付状登録画面が開きますので、あとは上記と同様の形で送付状を登録してください。


単体送付状を出力する

単体送付状の出力は、登録画面下の下図より出力することができます。



*上メニューの「設定→機能表示設定」にて「窓付き封筒対応」をONにしていると、上記のように「窓付」チェックが表示され、窓付き封筒に対応したレイアウトで出力できるようになります。

 



‹‹ 書類の受信ボックス 送付状テンプレートを作成する ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です