勘定奉行向けCSVデータ出力

この機能を利用可能なユーザ権限
操作 マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
機能表示設定 × × × 設定次第
データ出力 × 設定次第
      

 

勘定奉行に仕訳を取り込むためのCSVデータを出力することができます。

会計連携機能では、いくつかの会計システムに対応していますが、当ヘルプは勘定奉行との連携について解説します。会計連携機能全体については、下記をご覧ください。

会計連携機能の概要
会計システム向けデータ出力の共通設定
会計データ設定の設定例

 

対象の勘定奉行のバージョン

「勘定奉行10」の消費税率10%および軽減税率に対応しているバージョン以降が対象です。

 

勘定奉行向けデータ出力機能を有効にする

勘定奉行向けのデータ出力機能は、デフォルトではOFFになっています。上メニューの「設定→機能表示設定」にて、「勘定奉行」をONにしてください。

 

デフォルトでの出力内容

デフォルトの設定では、以下の内容で出力されます。

*税区分は税率ごとに出力されるため、下記は一例です。詳しくは「会計連携機能の概要」の「複数税率が混在する請求」をご覧ください。

■案件

借方 貸方 共通
勘定科目 補助科目 取引先 税区分 部門 勘定科目 補助科目 取引先 税区分 部門 計上日 摘要
135   顧客 0000   500     0060   請求日 No.xxxx 案件名

 

■発注

借方 貸方 共通
勘定科目 補助科目 取引先 税区分 部門 勘定科目 補助科目 取引先 税区分 部門 計上日 摘要
604     0010   305   発注先 0000   請求日 No.xxxx 発注名

 

会計データ設定における注意事項

会計データ設定全体については「会計システム向けデータ出力の共通設定」をご覧ください。

以下、勘定奉行特有の注意事項です。

  • 勘定科目・補助科目・税区分・部門などの各項目には、勘定奉行に登録されている「コード」を出力する必要があります。そのため、会計データ設定画面上で出力内容を指定する場合は、勘定奉行に登録されている「コード」を登録してください。
  • 勘定奉行の「取引先」のコードは、顧客・発注先編集画面にある「会計用名称・コード」欄に登録してください。これにより、出力データにもその内容が反映されます。詳しくは、「会計システム向けデータ出力の共通設定」の「各項目における留意事項→顧客・発注先・グループ」を参照してください。

 

会計データを出力する

以下の画面で、会計システム向けのデータを出力できます。

・請求一覧:請求データをもとに、売上(売掛金等)の仕訳を出力
・支払一覧:支払データをもとに、費用(買掛金等)の仕訳を出力
・計上データ出力:計上データをもとに、売上・費用の仕訳を出力

*元になるデータの違いについては、「会計連携機能の概要」をご覧ください。

 

上記の画面では、下図赤枠の部分からCSVデータをダウンロードできます。なお、データの出力内容は検索条件に連動します。

 

勘定奉行にデータを取り込む

ダウンロードしたファイルを勘定奉行に取り込む手順です。

まずは下図のように、「随時処理→汎用データ受入→仕訳伝票データ受入→仕訳伝票データ受入」を選択してください。

 

下図のようなダイアログが表示されます。パターンが登録されていない場合は、「新規」から登録してください。次回以降は、対象のパターンを選択して「OK」で次へ進んでください。

 

新規または既存のパターンを開くと、下図のようなダイアログが表示されます。

受入データ形式:OBC受入形式
受入元ファイル名:boardからダウンロードしたファイルを選択

これらを設定のうえ、右上の「受入開始」ボタンをクリックしてください。

 

取り込みが完了すると下図のように結果が表示されます。「未受入データ」がある場合は、内容を確認してください。

 

取り込み完了後、仕訳の修正が必要な場合は、勘定奉行上で修正してください。

*その他、勘定奉行の操作方法については、勘定奉行のマニュアルをご覧ください。



‹‹ 弥生会計オンライン向けCSVデータ出力 MFクラウド会計向けCSVデータ出力 ››
一覧に戻る