boardヘルプセンター

MFクラウド会計向けCSVデータ出力

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
× × 設定次第

 

boardからMFクラウド会計向けのCSVデータを出力することができます。

board上の案件を売掛金、発注を買掛金の仕訳として出力し、それをMFクラウドの仕訳として取り込むことで、入力の手間を軽減することができます。MFクラウド会計の「未実現仕訳」にも対応しております。

 

MFクラウド会計向けデータ出力機能を有効にする

MFクラウド向けデータ出力機能はデフォルトではOFFになっています。上メニューの「設定→機能表示設定」にて、「MFクラウド会計」をONにしてください。

*機能表示設定について、詳しくは機能表示設定のヘルプをご覧ください。

 

会計データ設定

出力する会計データの内容(勘定科目・税区分・取引先有無)をカスタマイズすることができます。

会計データ設定については、「会計システム向けデータ出力の共通設定」をご覧ください。

 

<MFクラウド会計固有の設定>

MFクラウド会計の場合、「未実現仕訳(売掛金・買掛金の消込仕訳)」もCSVデータに含めるかどうかを選択することができます。

 

会計データを出力する

以下の画面で、会計システム向けのデータを出力することができます。

・請求一覧:売上(売掛金等)の仕訳を出力
・支払一覧:費用(買掛金等)の仕訳を出力

上記の画面の一覧の下に、下図のようなCSVデータをダウンロードする箇所があります。デフォルトでは汎用的なCSV形式になっていますので、「MFクラウド会計」を選択してください。

 

データの出力内容は、画面上部の検索条件に連動します。
例えば、2016年12月分のデータを出力したい場合は、以下のような検索条件で出力することで、12月の請求済みのデータのみを出力できます。
請求月:2016年12月
受注ステータス:受注確定・受注済
請求ステータス:請求済

 

MFクラウド会計に取り込む

 ダウンロードしたファイルをMFクラウド会計に取り込む手順です。

まずは、「会計帳簿→仕訳帳」画面に行きます。

 

仕訳帳画面では、下図のように、一覧の右上に「インポート」ボタンがありますので、それをクリックし「仕訳帳」を選択します。

 

そうすると、下図のようにファイルを選択できるダイアログが表示されますので、そこでboardからダウンロードしたファイルを選択してインポートしてください。

インポートの際、存在しない勘定科目や取引先などがある場合は、どのように対応するか確認が表示されます。MFクラウド会計の画面の説明に沿って対応してください。

インポート後、仕訳内容の修正が必要な場合はMFクラウド会計上で修正してください。



‹‹ 勘定奉行向けCSVデータ出力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です