boardヘルプセンター

会計システム向けデータ出力の共通設定

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
× × 設定次第

 

会計システム向けのCSVデータを出力する際の設定です。出力する会計データの内容(勘定科目や税区分)をカスタマイズすることができます。

 

対象の会計システム

この設定画面では、以下の会計システム向けの設定が可能です。
・MFクラウド会計
・弥生会計
・勘定奉行

上記以外は個別の設定になっていますので、それぞれのヘルプをご覧ください。

 

会計データ設定

会計データ設定は、機能表示設定で対象の会計システムを有効にしている場合、下図のように、設定メニューに表示されます。

 

 

<取引先の出力有無>

仕訳データに取引先の情報を含めるかどうかの設定です。

会計システムによって、取引先専用の項目があるケースと、売掛金等の補助科目に設定するケースがありますが、ONにしていると、自動的に、対象の会計システムの形式に合わせて出力されます。

 

<勘定科目・税区分マッピング>

案件区分・発注区分ごとに、勘定科目・税区分をマッピングすることができます。空欄の場合は「デフォルト」の値が使用されます。

上記例の場合、
・発注区分が「開発」「デザイン」の場合、借方の勘定科目を「外注費」として出力
・発注区分が「広告宣伝」の場合、借方の勘定科目を「広告宣伝費」、貸方の勘定科目を「未払金」として出力
・それ以外の場合は、デフォルトの内容で出力

設定する文字は、各会計システムのマスタと一致させてください。表記ゆれ等で一致しない場合、会計システム側の取り込み時に、新規として登録するかなどの確認が表示されます。

*上記例は弥生会計の例ですが、勘定奉行など、一部の会計システムでは、上記の例のように勘定科目名ではなくコードを入力する仕組みになっています。

 

<注意事項>
会計システム用CSVデータは、「会計データ設定」の内容に応じて、案件区分ごとに勘定科目や税区分を指定できるようにすることで、ある程度の分類ごとに科目を分けることができるようになっています。

ただ、案件ごとに直接勘定科目を指定しているわけではありませんので、案件区分ごとの設定では対応しきれないケースや、会計システム側の消費税設定によっては内税・非課税を含む場合は正常に取り込めないケースもありますので、会計システムに取り込み後、必ず内容をご確認の上、必要に応じて、会計システム側で修正してください。

また、データの出力内容でご要望がありましたら、お問い合わせください。

 

顧客・発注先の会計データ向け項目

機能表示設定で会計システムをONにしている場合、顧客・発注先情報に、会計システム用の項目が追加されます。

 

「取引先の出力」がONで会計データに取引先が出力される場合、この項目に入力されているとそれが使用され、入力されていない場合は、通常の顧客名が使用されます。

例えば、顧客名は「株式会社」だが会計システム上は(株)で表記、といった場合、ここに(株)での名称を入力する、といった使い方です。

また、勘定奉行のように、CSVには取引先コードを出力する必要がある場合は、ここに会計システム側のコードを入力してください。なお、コードを出力するタイプの会計システムの場合、この項目が未設定の場合は、通常の顧客名は出力せず、空欄になります。



‹‹ クラウド会計ソフトfreeeへの連携 弥生会計向けCSVデータ出力 ››

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一覧に戻る

boardは無料でお試し頂くことができます

boardは見積書・請求書を作成するためだけのシステムではありません。
ベンチャー経営者自らが、自身の業務を最小化しバックオフィス業務・経営管理を最大限自動化することを目指して設計した業務・経営支援システムです。
  • 見積書・請求書・発注書など必要な7種類の書類の自動生成
  • 定期請求・分割請求に対応した自動請求書生成
  • 受注だけでなく発注まで含めて管理可能
  • 月次処理をイメージした一括請求書発行
  • 見込み確度別の売上予測とキャッシュフロー予測
  • 業務忘れを防ぐダッシュボード・未請求通知
その他、多くの業務効率化の工夫が実装されています。


最新情報の確認はFacebook・Twitterが便利です