freee連携

この機能を利用可能なユーザ権限
マスタアカウント 管理者 責任者 リーダー 担当者 カスタム権限
× × 設定次第
      

 

boardから「クラウド会計ソフトfreee」へ自動的に売上・支払のデータを連携することができます。

 

会計連携機能では、いくつかの会計システムに対応していますが、当ヘルプはfreeeに特化して解説します。会計連携機能全体については、下記をご覧ください。

会計連携機能の概要
会計システム向けデータ出力の共通設定
会計データ設定の設定例

 

連携対象データ

boardの請求・支払データをfreeeの「取引」に連携します。

この際、設定により「取引先」「メモタグ」を連携することも可能です。その場合、もし取引に付随する「取引先」「メモタグ」がfreee側に存在しなければ、連携時に自動的に登録されます。

*現時点では、上記以外のデータの連携には対応していません。

 

連携を有効にする

まだfreeeのアカウントを持っていない場合は、初めにfreeeのアカウントを作成してください。また、連携を有効するにあたって、同じブラウザ内でfreeeにログインしておいてください。

連携の設定は、上メニューの「設定→外部サービス連携」で行ってください。

 

「外部サービス連携」で、「freeeと連携」ボタンをクリックします。

 

下図のようにfreeeの画面へ移動し、連携可否を確認されるので、「許可する」を選択してください。(freeeにログインしていない場合はログイン画面が出るので、ログイン後に操作を行ってください)


 

連携を許可したユーザがfreeeの複数の事業所にアクセスできる場合、下図の画面が表示されるので、連携先の事業所を選択してください。

*事業所が1つの場合は、この画面は自動的にスキップされます。

 

<freeeのユーザ権限に関する注意事項>
boardからfreeeへの接続可否は、上記操作で連携を許可したfreeeユーザの権限に依存します。この際、権限が不足しているユーザで上記の操作を行うと、下図のようなエラー画面が表示されます。

 

連携先の事業所に対して以下の権限を有しているユーザが、上記の操作を行うようにしてください。

■標準権限の場合
「管理者権限」または「一般権限」

■権限をカスタマイズしている場合
「取引先の閲覧」「取引先の登録」「取引の登録」「勘定科目の閲覧」「部門の閲覧」「品目の閲覧」「メモタグの閲覧」「メモタグの登録」の権限を付与してください。

上図のように不足している権限が表示されるので、その内容を元に不足権限を付与してください。

 

*連携完了後に、連携を許可したfreeeユーザから上記権限を外したり、同ユーザを連携先の事業所から削除したりすると、取引データを送信できなくなりますのでご注意ください。

 

上記が完了すると連携が有効になり、以下のように表示されます。

 

上図の「設定」では、後述の連携内容のカスタマイズができます。

「連携履歴」では、連携した履歴や連携がエラーになった場合のエラー内容を確認できます。

 

デフォルトでの連携内容

デフォルトの設定では、以下の内容で連携されます。

*税区分は税率ごとに出力されるため、下記は一例です。詳しくは「会計連携機能の概要」内の「複数税率が混在する請求」の項目をご覧ください。

■案件

勘定科目 取引先 税区分 部門 品目 計上日 備考 メモタグ
売上高 顧客名 課税売上10%     請求日 案件No_案件名  

 

■発注

勘定科目 取引先 税区分 部門 品目 計上日 備考 メモタグ
外注費 発注先名 課対仕入10%     請求日 発注No_発注名  

 

freee固有のデータ連携設定

会計データ全般に関する設定のヘルプは「会計システム向けデータ出力の共通設定」をご覧ください。

以下、freee固有の設定に関する説明です。

 

連携対象

会計データ設定画面の「連携対象」タブで、「収入(案件)」「支出(発注)」を連携対象とするか設定できます。デフォルトではONになっているので、連携対象から外したい場合はOFFにしてください。

 

取引先コードの連携

freeeの「設定→事業所の設定→詳細設定→取引関連設定→取引先コード」を「使用する」に設定している場合、freeeの仕様として取引先の「取引先コード」が必須になるため、会計データ設定の「連携対象タブ→取引先コードの連携」をONにしてください。

「取引先コードの連携」がONの場合は、以下のルールで「取引先コード」が連携されます。

  • 顧客情報の「顧客番号」が登録されている場合はそれを連携し、未登録の場合は「顧客名」を連携
  • 発注先情報の「発注先番号」が登録されている場合はそれを連携し、未登録の場合は「発注先名」を連携

*顧客・発注先の名称は、「正式名」と「略称名」がありますが、どちらが使用されるかは、会計データ設定の「取引先」に設定されている内容によって決まります。

【注意事項】freee側の設定で、取引先コードを「使用しない」としている場合は、上記の「取引先コードの連携」はONにしないでください。連携エラーになります。

 

その他、freee固有の注意事項は下記の通りです。

  • 「取引先」の設定を「項目指定」とした場合、freeeの取引先の「名前(通称)」とboardの顧客・発注先名を名称でマッチングし、freee側の取引先に存在しない場合は、自動的に取引先を登録した上で連携します。その際、マッチングするboard上の名称は「顧客名/発注先名」か「顧客略称名/発注先略称名」から選択できます。
  • 「部門」の設定を「項目指定」で「グループ」とした場合は、上メニューの「組織設定→グループ管理」から、各グループ編集画面で「freeeの部門」を選択できるようになっています。グループの「freeeの部門」が未設定の場合は、部門は連携されませんのでご注意ください。
  • 会計データ設定画面上では、APIでfreeeから取得した勘定科目・部門等を選択できるようになっています。そのため、freee APIがメンテナンス等で利用できない場合は、当画面も利用できなくなります。

 

連携するタイミング

freeeへのデータの連携は、「連携する」というボタンを手動でクリックしてデータを送信するような仕組みではなく、普段の業務を行っていれば自動的に連携されるようになっています。

■売上の連携
請求一覧で請求ステータスを「請求済」に変更したタイミングで自動的に連携されます。

■費用の連携
支払一覧で支払ステータスを「請求書受領済」に変更したタイミングで自動的に連携されます。

 

連携に関する注意事項

  • 二重送信防止のため、一度連携が完了したデータを再度「請求済」や「請求書受領済」にしても連携は行われません。freee側で取引を削除した場合でも、再度連携することはできませんので、その場合はfreee側で直接登録してください。
  • freee連携は取引の新規登録のみで、更新には対応していません。一度連携したものをboard上で変更した場合は、freee側でも同様に手動で変更してください。
  • 金額が0円・マイナスの場合はfreeeの仕様上、連携することができません。

 

なお、boardからfreeeへの連携が、画面上で「請求済」に変更したタイミングで即時送信されるのではなく、画面側での操作完了後、バックグラウンドで送信されます。

通常は数秒〜数十秒程度で送信されますが、処理が混み合っている場合などは、数分〜数十分程度かかる可能性があります。

 

送信状況については、上メニューの「設定→外部サービス連携」の「送信履歴」からご確認頂けます。

 

エラーおよびエラー時の再送方法

何らかの原因で連携に失敗した場合、上メニューの「設定→外部サービス連携→連携履歴」画面に「エラー」と表示され、freee側からエラー内容を取得できた場合はその内容を表示します。

 

以下、よくあるエラーについて解説します。
エラーになった場合は、下記を参考に問題を解消した後、一度別のステータスに変更してから、再度「請求済」「請求書受領済」に戻してください。これにより、データが再送されます。

 

■連携履歴の「エラーログ」を起点にした対応方法

エラーログ 対応方法
空欄

上メニューの「設定→外部サービス連携」画面の「freee連携」欄で「連携中の事業所」の表示をご確認ください。
「連携中の事業所」が「取得できませんでした」となっている場合、freeeへのアクセス許可が無効になっている可能性があります。その状態が継続する場合は、一度連携を解除し、再度連携し直してください。

エラーログが空欄で、「連携中の事業所」が正常に表示されている場合はチャットサポートまでお問い合わせください。

issue_date は string で指定してください

日付の項目が空欄の場合に発生します。会計データ設定の「計上日」で指定した日付が未入力と考えられますので、対象の項目を確認してください。

Codeを入力してください

freeeの取引先設定で「取引先コード」を「使用する」として、boardの「会計データ設定」の「取引先コードの連携」がOFFの場合に発生します。

当ヘルプ中ほどの「取引先コードの連携」の欄をご覧ください。

取引先コードの利用設定が有効になってないため、 code のパラメータは無効です。事業所の設定をご確認ください

freeeの取引先設定で「取引先コード」を「使用しない」として、boardの「会計データ設定」 の「取引先コードの連携」がONの場合に発生します。

当ヘルプ中ほどの「取引先コードの連携」の欄をご覧ください。

存在しない section_id が含まれています

「会計データ設定」で指定されているfreeeの部門、または「グループ」で設定されているfreeeの部門が、すでにfreee側で削除されている可能性があります。

tax_code は 1 以上の数値を指定してください

「会計データ設定」の「税区分」が「未設定(空欄)」に設定されている可能性があります。その場合、この部分はデフォルトでは「未設定(空欄)」ではなく、「条件指定による変換」として以下のように設定されていたため、下記を参考に、適宜再設定してください。

■案件
0%:対象外、8%:課税売上8%、8%(軽減):課税売上8%(軽)、10%:課税売上10%

■発注
0%:対象外、8%:課対仕入8%、8%(軽減):課対仕入8%(軽)、10%:課対仕入10%

現在選択している会計年度の期首日以前の取引を登録することができません

すでに年度が締まっている場合は連携できないため、連携しないか、一旦締めを解除してから連携してください。

決済期日が発生日より前の日付になっているため登録できません。期日は発生日より後の日付を入力して下さい

freeeに連携するデータは支払期限が計上日(デフォルトでは「請求日」)より後になっている必要があるため、そうなっていない場合はこのエラーが発生します。支払期限が計上日より後になるように設定してください。

 

■その他のケース

状況 対応方法
連携を許可したユーザ権限が不足、またはユーザが削除されている場合 連携の可否は、連携を許可したfreee側のユーザ権限に依存します。詳しくは前述の「freeeのユーザ権限に関する注意事項」をご覧ください。
freee側がメンテナンス中または障害等によりAPI経由でのデータ登録ができない場合 時間をおいて再度試してください。
連携する勘定科目をfreee側で削除してしまった場合 会計データ設定画面で、別の勘定科目を設定し直してください。
freeeのアカウントを削除した場合 連携できないため、連携を解除してください。

 



‹‹ 会計データ設定の設定例 弥生会計向けCSVデータ出力 ››
一覧に戻る